FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対テロ特殊部隊女人化編(1)




タ・タ・ターン・・・
タ・タ・ターン・・・
タ・タ・ターン・・・

今、一人の女性がかつて仲間であった自衛軍に追われ逃げている。

「ハァー・ハァー・ハァー・ハァー・・・・・・・・」

傷を負った彼女は物陰に隠れ、これからどうしようか混乱していた。

「何で分かってくれないの?」
「何でなの・・・・」
「どう説明すればいいのだろう・・・」
「私に攻撃するなんて・・・」
「やっぱり、もう無理なの?」
「これからどうしよう・・・・」
すべてに対して不安でいっぱいだった・・・

「まずは、負傷した傷口を止血する為、このハンカチで止血しないと・・・」

だが、思ったよりも損傷が酷く、出血も酷く貧血状態に陥っていた。

何も考えられない・・・・・・・・・・・・・・
目の前も霞んで見えにくい・・・・・・・・・・・
このまま気を失った方がどれぐらい楽なんだろうか・・・・・・・・・・・

だが、身体は勝手に壁に肩をズルズルと引きずりながら、今までの訓練で培ってきた精神力のみで必死に逃げる。



下水道に逃げ込み、数時間が過ぎようとした頃には、彼女の体力はすでに限界を超えていた。

カツッ・カツッ・カツッ・カツッ・カツッ・・・・

誰かがこっちへ来る、逃げなければ・・・
だが、必死に身体を動かそうにも言うことを聞かない。

「・・・誰か・・・来る・・・」

必死になって倒れながらも、腕だけで身体を引きずり逃げている。

ゴッツ!!

と、その時、何かにぶつかった

恐る恐る上を見ると、髪の長い女性が立っているではないか!!

「えっ!!」



と驚くと同時に、後ろからも女性がきて、

「はぁ~あ~い!!」

と片手を振りながらこっちへ向かってくる。

「さすが伊集院様が言っていた通り、予定通りね!!ミルダ!!」

「ええ、それにしても気を抜きすぎではないの?」

「大丈夫、大丈夫!!だって、ちゃ~んと護衛はいるよ!!」

「まっ、そうね、お自慢の第二小隊の殺気が感じられるし」・・・・・・

と、何を言っているのか分からず、段々と声が小さくなりその後の記憶が・・・


(つづく)
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。