FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この国の危機 (5)

微かな月明かりと、パトライトに照らされて見えたのが、
拳銃を握ったまま、地面に倒れている警察官の姿だった・・・

(さ、さっきの銃声は・・・警官が撃たれたのか?・・・お・・・俺・・・このままここにいたら・・・)

身体をガタガタと震わせ、身をかがめる管理人

緊迫した時間がゆっくりと過ぎていく・・・
外の様子を見たいが、怖くて見ることが出来ない・・・
どれぐらい時間がたったのか、誰かがこちらに近づいてくる感じがした!!

コンコン!!コンコン!!

(だ、誰だよ・・・も、もしかして・・・警官を撃った犯人が・・・)

恐る恐る顔を上げ外を見ると
征服を来た警察官が立っていた

「た、助かった~・・・」

先程までの状況を報告しようと慌てて、ドアを開け外に出る

「お、お、お巡りさん!!さ、さっき来たお巡りさんが、あ、あの家を見に行くって・・・」

何を言っているのか分からない状態で、先程警察官が倒れていた所を指差し、自分も見るが・・・

「あ・・・あ・・・あれ・・・?い、いない・・・」

指差した方には、誰もいなかった・・・

「さ、さっき・・・じゅ、銃声があって・・・その後、倒れていた・・・んですが・・・」

先程見た光景が何だったのか不思議な気持ちになりながら、お巡りさんの方を見る

「どうかしましたか?」
「い・・・いえ・・・あ、あの~・・・」
「警察官が2名撃たれて、そこに倒れていたんですか?」
「はい!!そうで・・・えっ?な、何でそのことを?」

目の前にいたお巡りさんが不敵な笑みをこぼし見つめる

「この国の警察は拳銃を持っていても、初弾は使わないから楽だったよ・・・」

と言いながら、オート型拳銃を取り出しサプレッサーを取り付け・・・

「ま・・・まさか・・・・あ・・・あの光景は・・・」

ゆっくりと後ずさりするが、パトカーに邪魔され動けない・・・

「要求のための犠牲は、まだ足りないだろう・・・」

そう言い、拳銃を構え

パシュッ!!

ドサッ!!

「こいつも処分しておけ・・・後・・・二人の始末も早くしておけ・・・」

後ろにいた男に指示し、家に入って言った



その頃、官邸では・・・

「自衛隊の出動はしなくても良いです!!警察の威信にかけて・・・」
「本当に大丈夫なんだな?」
「はい!!SATの出動準備も整いましたし・・・」
「そ、そうか・・・だ、大丈夫なんだな?」
「ただ・・・今回のケースですと・・・交渉の余地は無いので、逮捕は出来ないと言うことだけは、念頭において置いてください・・・・」
「分かった・・・サインしておこう・・・」
「ありがとうございます・・・では・・・」

一人の官僚が対策本部から出て行った

「ふ~・・・これで良いんだな・・・これ以上被害が出ると、次の選挙にも影響が出る・・・ましてや自衛隊を出動させたとなると説明がめんどくさくなるし・・・ただの事件で終われば・・・」
「はい・・・犠牲になった国民には悪いですが・・・薬物中毒者が起こした発砲事件で解決させます・・・」
「頼んだぞ・・・」

続く



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。