FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この国の危機 (4)

「きゃっ!!」

発砲音を聞き、身体を震わせながら姉に抱きつく亜紀

「お、お姉ちゃん・・・」
「だ、大丈夫・・・大丈夫・・・大丈夫だから・・・」

亜紀を抱きしめ、自分自身にも言い聞かせるように言う

「で、でも・・・」

不安そうに姉を見つめる亜紀

「ここにいれば見つからないって・・・」
(そ、そう言えば・・・管理人さん・・・大丈夫かしら・・・警察に連絡するって行ったっきり帰ってこないし・・・も、もしかして・・・)

二人とも、恐怖で身体を震わし、手をぎゅっと握り締めている

「ちょっと、外の様子を見てみるわ」

少ししてから、勇気を振り絞って姉が外の様子を伺おうと、小窓の方に移動しようとした。

「や、やだよ・・・い、いかないでよ・・・こ、怖いよ・・・お、お姉ちゃん・・・離れないで!!」

今にも大きな声を出して泣きそうな顔で、手をきゅっと握り締め離そうとしない亜紀

「大丈夫・・・そこの小窓から外の様子を見るだけだから・・・」
「で、でも~・・・」
「・・・・分かったわ・・・じゃあ・・・一緒に移動しましょ」
「う、うん・・・それなら・・・いいよ・・・」

そう言い、一緒に壁側に設置してある小窓の方に移動していった・・・

ガラガラ・・・

少しばかり、小窓を開けて隠れながら外の様子を伺う・・・
パカパカと点滅している赤色等が見える・・・
赤色に染まる外の景色・・・
ゆっくりと確認すると、パトカーが赤色等を回し止っていた

「亜紀!!あれを見て!!私たち助かるわよ!!」

安心した表情で、パトカーが停車している方を指差し亜紀にも見せる

「お、お姉ちゃん!!あれ・・・」
「ええ・・・そうよ!!管理人さんが呼んでくれたのよ!!」

警察が来て助かったと安堵し、抱き合う二人



パトカーの中では・・・

先程の発砲音に驚き、がたがた振るえ頭を抱えこみ丸くなっている管理人がいた

「な、何なんだよ・・・さ、さっきの音は・・・ま、まさか・・・じゅ、銃声?」

パトカーの窓からチラリと外を確認すると・・・

「う・・・うそだ・・・そ、そんな・・・馬鹿な・・・事って・・・」

続く

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。