FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対テロ特殊部隊女人化編(44) 多人数女人化

拘束された隊員達がいる部屋では、戦争が起きている様に慌しくなっていた。

「くっ!!なっ、何をする!」

「やっ!やめろ~!!」

「なっ、何なんだ!!うっ!!何をする!!」

「うあっ!!なっ何をした!!な、何なんだこれは・・・・外せ!!早く外せ!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

状況を飲み込めていない隊員達、ベットに固定されて女人化されている者、
床屋の椅子のような物に座らされて女人化されている者、
壁に大の字で固定され女人化されている者、
人数が多すぎて女人化の順番待ちの為、仲間が女人化していく姿を強制的に見学させられている者・・・・・・・・・

「ふふふ、準備はいいかしら?」

不適な笑みをして伊集院が、状況を確認する。

「はい、いつでも女人化を始められます。」

「そお~♪じゃあ始めましょうかしら♪ふふふ」

その声で一斉に伊集院の部下達が女人化作業をし始めた。


「ふふふ、貴女は、この頭を何とかしないといけないわね!!今まで育毛剤とか使って手入とか大変だったでしょ?でも、これからは大丈夫よ!!これはカツラみたいだけどカツラじゃ~無いのよ!!これにこのボンドを頭に付けてその上に・・・・ふふっ!!良いわ~良いわよ~後3秒もすれば貴女の身体の一部になるわよ!!あっ!!これからは髪の手入れで大変になっちゃうわね!!ふふふ、でも、気に入らないからって切るのは止めた方が良いわよ!!すっごく痛いから!!」

「やっ!!やめろ~!!やめてくれ~・・・・今すぐこの鬘を外せ!!早く!!」

「ふふふ、なに言ってんの?これは鬘じゃなくて、もうあなた自身の髪の毛よ!!ふふふ」



「ん~・・・貴女には、まず顔パックを!!ふふふ、このパックはね、顔にするだけで女顔になれるのよ!!凄いでしょ!!しかも数秒で!!ふふふ、じゃあしてあげるわね!!」

「やっ・・・・止めろ!!や、止めるんだ!!・・・やっ止めてくれ・・・・お願いだ・・・誰が女になんか・・・いっ嫌・・・モゴモゴモゴモゴ・・」

「あ~!!もう~動いちゃ~駄目じゃない!!ちゃんとパックできないじゃないの!!も~仕方がないわね~!!これで固定するわね!!」

嫌がって首を左右に振る為、綺麗にパックが出来ないので強引に頭を固定し、一時的に顔の筋肉を硬直させる為に筋肉硬直剤を頬に打った。

チック!!

「ふふふ、これで出来るわね!!安心して窒息とかはしないから!!5秒もしないうちに女顔になれるわよ♪じゃ~・・」

「んー・・・・・んー・・・・」

「ふふふ、きっと気に入るわよ!!」



「さあ、少し痛いけど・・・ふふふ、すぐに気持ちよくなるわ!!」

そう言い、胸に刺さっていた点滴に薬を入れた・・・・

「ふふふ、この薬はね、今点滴入っていた薬品と反応して胸を大きくしてくれるのよ!!ほら貴女の胸、段々と大きく・・・・」

「えっ!!そっ・・そんな~・・・うっ!あっ!!ああん、あんっ・・・」

「気持ちよくなってきたかしら・・・・じゃあ次はお尻ね!!こっちも・・・」

「あ~ん、ああん、ああん・・・・・・・」

「いい体型になってきたわ~♪ふふふ・・・あっ!!そうそう、言い忘れてたけどこの薬はね、脳までも女人化されるから・・・」

「えっ!!そっ、そんなのって・・・いっ嫌!!あた・・あれ?あたし?・・えっ?何であたし・・・」

「ふふふ、可愛い子になってきたわよ!!ふふふ、後は名前ね!!」



「貴女は身体が大きいから、女体型にするために小さくしてあげる!!この薬品は染色体の操作も出来るのよ!!凄いでしょ!!」

「たっ頼む・・・・・・・・・・・お願いだ!!お願いだから、そっ、そんなの打たないで・・・打たれたら・・・・」

「ふふふ、打たれたらどうなの?・・・そんなに嫌がらなくても良いじゃない、一瞬ですむわ!!じゃあ打つわね!!ふふふ」

チクッ!!

「うっ!!ぐうう~・・・うあっ!!うあああああ~・・・・」

「ふふふ、効いて来たわね!!・・・・ん~・・・でもまだこれだけじゃ~足りないみたいね~♪」

「そっそんな~・・・やっ、やめ・・・止めて・・・」

「ふふふ、もう一本追加して、あ・げ・る♪」

チクッ!!

「うっ!!うああああああああああ~・・・・ぐわががががががあががががががが~・・・」

「わ~凄い、凄い!!凄いわ、顔が!!胸が!!髪の毛が!!ふふふ、どんどん変わってわ!!すぐに可愛くなるわ!!ふふふ」



「まずは・・・よいっしょ!!と・・・」

「何だ!!何なんだよ!それは・・・・これから何を・・・」

「ふふふ、そんなに怖がらなくても良いわよ!!少し股の物を取って綺麗にしてあげるだけだから・・・」

「股の物を取る・・・って・・・まっ、まさか!!!!」

「そうよ!!ふふふ、これで綺麗にして、あ・げ・る♪」

ボシュッ!!

「うっ!!やっ、止めてくれ・・・・こんな事されたら・・・」

「ふふふ、いいじゃない!!新たな人生のスタートよ!」

「いっ嫌だ!!こんなの嫌だ!!止めてくれ!!頼む!!止めて・・・」

「だ~めっ!!じゃあ始めるわよ~♪」

カチッ!!ブーンーーーー・・・

「うあああああ~・・・あああ~んんん~~~~~ああああああ~~~~ん」

「ふふふ、すぐに綺麗になるわよ!!」

ブーンーーーーーー

ポコッ!!・・・・・ポコッ!!

「ふふふ、取れたみたいね・・・」

「えっ????うっ嘘・・・嘘だろ・・・そんな~・・・」

「そろそろ出てくる頃よ!!」

カランカラン、コロコロコロコロ・・・・

「ふふふ、これ何か分かるわよね?ふふふ」

「嘘だ!!そんなの・・・嘘だ・・・」

「後もう少しで残りの物も綺麗に溶かして・・・・ふふふ、後は、仕上げ用の女人化ホルモンの投与ね!!」

(つづく)
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。