FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャーナリストの運命 (35) 香多奈

数分後・・・

所長に呼ばれ、所長室に行くと・・・

「これ・・・貴女にプレゼント・・・」
「えっ?こ、これを・・・?」
大きな椅子に腰掛けて反対の方を向いている所長が秘書に刀を渡して・・・

「こちらです・・・」
「えっ?こ、これ・・・刀・・・日本刀ですよ・・・」
「ええ・・・そうよ・・・これは貴女が持っている方が似合っているわ・・・それに・・・貴女の名前・・・」
「な、名前・・・?え?わ、私・・・私の名前・・・?」
「ええ・・・分からないわよ・・・ふふふ・・・だから・・・私が名付け親になってあげるわ・・・」
「しょ、所長様が・・・私の・・・名付け親に???」
「ええ・・・そうよ・・・あなたの名前は、香多奈・・・今までの行動を見てて、思ったの・・・貴女には・・・どんな物でも刀の様に斬り裂く能力を持っているわ・・・そして、その斬り込み方が物凄く綺麗なの・・・だから・・・香多奈・・・良いわよね?・・・ふふふ・・・」
「か、香多奈・・・こ、これが・・・私の名前・・・あ、ありがとうございます!!」
「ふふふ・・・香多奈も、これから頑張って頂戴ね!」
「は、はい!!」
「貴女達、二人には物凄く期待しているから・・・」
「あ、ありがとうございます。」
「はい!ありがとうございます。」
「じゃあ、今から・・・これ・・・お願いね!」

そう言って一枚の写真付の用紙を机に置いた・・・

「かしこまりました!!」
「はい!全力で頑張ります!!」

二人とも敬礼をし、部屋を出て行く・・・

「ふふふ・・・お願いね・・・」

彼女達が出て行く姿を確認しながら、笑みをこぼしながら言う所長・・・

そして数時間後・・・

研究所の地下の一室では・・・
早くも、写真の男を捕まえて情報を聞き出していた・・・

「もうこれ以上・・・知っている事は無いみたいね・・・」
「そうですね!じゃあ・・・そろそろ・・・」
「ふふふ・・・そうね・・・」

そう言って彼女達は、ベットに固定された男の身体にベルトを取り付けて、クレーンのワイヤーを引っ掛け、吊るし上げた・・・

「これで良いわね!」
「な、何をする!!」
「ふふふ・・・これから貴方は、あのカプセルに入ってもらうの・・・」
「な、なんだって?カプセル?」
「ええ・・・そして、女性になる為の手術を受けてもらうわ・・・そのための下準備にあのカプセルに・・・ふふふ・・・」
「そ、そんな事・・・や、やっぱり・・・あの噂は・・・本当だったんだ・・・クッ!!こ、こんな事して・・・許されるわけ・・・ないじゃないか!!クッ!!」

暴れる男だが、固定されている為全く抵抗できていない・・・

「も~煩いわね~・・・時間ないから・・・そろそろ・・・入ってもらうわね・・・」

そう言って、マキはクレーンのスイッチを押し男を持ち上げ、移動させて・・・

「カナ・・・そっちに移動するから・・・お願いね!」
「はい!分かりました!」

そう言って、カナ(香多奈のあだ名)は固定されて持ち上げられている男を引っ張ってカプセルルームの方に移動させた・・・

続く
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。