FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャーナリストの運命 (28) 移植

頭に激痛を感じ、気を失ってから数分か・・・それとも数時間か・・・
薄っすらと意識が戻り始め・・・

「う、ううう・・・・」
「ふふふ・・・気が付いたかしら?」
「な、何で・・・君が・・・こ、ここに・・・」
「ふふふ・・・ステキでしょ~ここの施設・・・私知らなかったのよ・・・この研究所のすばらしさを・・・私のしていた事が間違っていた事も・・・」
「な、何を言っているんだ!!君のお兄さんは、この研究所の為に犠牲になった・・・」
「ええ・・・でも、犠牲ではないの・・・それに・・・私・・・昔から兄でなく姉が欲しかったのよ・・・」
「な・・・ま、まさか・・・」
「ええ・・・そうよ・・・その、ま・さ・か・・・うふふ・・・この前会った時には物凄く驚いた表情で私を見ていたわ・・・やめてくれって・・・そんなに嫌がること無いのにね・・・」
「もしかして・・・君が・・・お兄さんを・・・」
「ええ・・・そうよ・・・もう立派な・・・何処に出しても恥かしくない姉に生まれ変わったわ・・・ふふふ・・・」
「そ、そんな・・・バカな・・・」
「ふふっ・・・時間も無いようだから・・・貴方も私達・・・姉妹が新しく生まれ変わらせてあげるわ・・・貴方が尊敬している上司の様に・・・ね・・・」
「そ、そんな事は・・・くっ!!は、離せ!!」

ベットに固定されているベルトを取ろうと必死に抵抗するが・・・

「くすっ!!貴方の上司も同じ様な行動をしてたわ・・・今は順調に可愛くなっているけどね・・・」
「くっそ!!・・・や、やっぱり・・・あれが・・・・」
「ふふふ・・・そうよ・・・ほ~ら~・・・これを見て・・・」

そう言って、ステンレスの台車を、ベットの近くまで持ってきて、その上の置いてあるステンレスのトレーを持ち上げ箱を開けると、モヤモヤと白い煙みたいな物が、溢れだし床に落ちて・・・
その箱を持ちあげて、斜めに傾け中身を見せる。

中には、大きく膨らんだ女性の乳房みたいな物が入っていて・・・

「ふふふ・・・喜んで・・・この乳房・・・貴方専用で特別に作ってあげたのよ・・・
本来は、量産培養で同じ物なんだけど・・・貴方達には特別にって・・・所長が・・・ね・・・ふふふ・・・さあ~て・・・早速・・・移植しましょうかしら~・・・」
「と、特別・・・?そ、そんな物・・・お、俺は・・・ひ、必要ない・・・い、移植は・・・い、嫌だ・・・や、やめろ・・・やめろ・・・」

必死に抵抗する刀也だが、手術台に固定され身動きが出来なかった・・・

「ふふふ・・さてと・・・まずは、この液で皮膚と神経の一部を溶かしましょうね・・・フフフ・・・」

そう言い、白衣を着た彼女はビンに筆をいれ、液をたっぷりと含ませて胸に塗り始めた・・・

「くっ!!や、やめてくれ・・・そ、そんなもの・・・じ、実際に出来る訳・・・ないだろ・・・や、やめろ・・・そ、そんな脅しで・・・・」

刀也が必死に言葉で抵抗しているが、全く聞こえない振りをして、胸に何度も何度も液を塗っている・・・

「くすっ!!これで良いわね・・・さあ・・・移植を始めましょうね・・・信じられないのなら・・・貴方自身で体験すればいいわ・・・」

そう言って、ステンレスのトレーに入っていた血の通っていない真っ白な乳房を、片胸ずつ位置を決めて貼り付け始めた・・・

続く
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。