FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャーナリストの運命 (24) 待ち伏せ

「うっ!!」

急に目の前が明るくなり・・・両腕で光をさえぎると・・・・
その部屋には、警備員達が横隊し、片膝を床につけて、小銃を構えていた・・・

「くっ!!ま・・・まさか・・・な・・・・」

警備体長らしき人物が片手を挙げると、一斉に全員の人差し指が安全装置を解除し、小銃の引き金にかかり・・・・

「くそっ!!ここまでか・・・ん?」

両手を挙げ諦めようとした時・・・先程入ってきた入り口の隣にもう一つの扉を見つけた・・・

「き・・・君達・・・・!!」

よく見ると、一緒に逃げていた二人がその扉から手を振り読んでいた・・・

「ま、まだ・・・行ける!!」

カツッ!!コロコロコロコロ・・・・・・

ズボンに隠し持っていた閃光弾を落とし・・・

小銃を構えている警備員達の方に転がした・・・・

シュッパッ!!!!

パパパーン、パパパーン・・・・・

一瞬、辺りが明るくなり警備員達がひるんだ隙にその扉へ駆け込んだ・・・

「す、すまない・・・君たちがいたから・・・お・・・・おい・・・」

扉を閉めて二人に礼を言おうと振り向くと・・・・

「だ・・・大丈夫・・・です・・・ごぼっ・・・・げぼっ!!」

瞳の口から大量の血が・・・隣の章は・・・・

「・・・・・・」
「お・・・おい!!だ、大丈夫か!!お、おい!!目を開けろ!!め、目を!!」

揺すっても何の反応も無かった・・・・
そう・・・あの逃げる時に、数発撃たれた弾が瞳と章に命中した・・・
章は胸に・・・
瞳は・・・首と腹に・・・
どう見ても、助かりようの無い致命傷だった・・・

「お・・・俺は・・・・お・・・・」

自分が起した惨劇にパニックになる真樹夫の手を握る瞳・・・

「に、逃げて・・・私達は・・・もう・・・そ、それに・・・こう言う運命だったの・・・だ、だから・・・ごぼっ!!お・・・おねがい・・・げぼっ!!に・・にげ・・・・」

最後の言葉を言い切る前に力尽きた・・・

「す・・・すまない・・・お・・・俺が・・・こ・・・こんなんだから・・・・」

涙を流し逃げる真樹夫・・・

続く
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。