FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャーナリストの運命 (22) 逃げられない逃走

ピシュ~!!!

部屋の扉が開き誰かが入って来た・・・

「お、お兄ちゃん?お兄ちゃん?」

そう瞳が部屋に入って来た・・・
そして、泣き崩れている女性を見かけ・・・

「え?・・・・も・・・・もしかして・・・え?」

言葉を詰まらせる瞳・・・

「す・・・すまない・・・」

言葉に困り、ボソッと謝る真樹夫だった・・・

「そ、そんなの・・・そんなのって・・・お・・・お兄ちゃん?」
「う・・・ううううう・・・・・ううううううううう・・・・」

目に涙を溜めて聞く瞳・・・
身体を丸め鳴き続ける兄・・・

少しして・・・

ピーピーピー!!

装置から音が鳴り始めた!!

「いけない!!センサーが作動したわ!!このままだと直ぐに警備員がここに駆けつけるわ!もし・・・見つかったら・・・私達・・・生きていられなくなるわ!!ど・・・どうしよう・・・」

瞳がアタフタと慌てて言うと、

「逃げるぞ・・・」

真樹夫が言った。

「そ、そうね・・・で・・・でも・・・お兄ちゃん・・・」

視線を泣き崩れている章に向けて言う瞳・・・

「う、うううう・・・うう・・・う・・・・」

ゆっくりと、身体を起こし立ち上がる女性・・・

「分かったわ・・・こんな姿になっちゃったけど・・・もしかしたら元に戻れる可能性だって有るかもしれないんだったわよね・・・それに・・・瞳をこれ以上危険に巻き込みたくないし・・・」

そう言って涙を手で拭って、

「で、でも・・・このままじゃ~逃げるにしても・・・嫌だわ・・・裸なんて・・・」

身体を見て恥かしがる・・・

「分かった・・・私、何か着られる物、探してくる!!」

そう言って、部屋の隅にあるロッカーの方へ走っていく瞳・・・

数分後・・・

「あったわ!!これしか無かったけど・・・これで良いかな?」

瞳は、一枚の白衣を持ってきた・・・

「ええ・・・ありがとう・・・無いよりかはマシね・・・」
「フフフ・・・」

そう言って白衣を羽織った。
その時、二人の顔の表情が少しだけ怪しく微笑んだのを真樹夫は見過ごしていた・・・

続く
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。