FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャーナリストの運命 (14) 久々の再開だったが・・・

「ねぇ~・・・起きて・・・起きてよ~お姉ちゃん?ふふふ・・・朝よ・・・朝だよ」

身体を揺すり優しく呼びかけて兄を起こす・・・

「う・・・う、ううう~~~~」
「ふふふ・・・起きた・・・」
「うっ!・・・・あっ!!・・・・ひ、瞳・・・・?」

目の前にいるのが自分の妹にそっくりで、目を丸くして驚き、つい妹の名前を言ってしまった・・・

「ふふっ!・・・おはよう・・・お姉ちゃん!」
「ひっ、瞳なのか?ほ、本当に・・・・瞳なのか?」
「ふふふ・・・そうよ・・・瞳よ・・・貴女の妹の瞳よ・・・」
「ほ、本当に・・・瞳・・・・なんだな・・・・ど、どうして・・・こ、ここに・・・・」

あたりをキョロキョロと見渡し、はっ!!と驚き・・・・

「もっ、もしかして・・・た、助かったのか?」
「ええ・・・・そうよ・・・ほら・・・ここがどこか分かるでしょ?」
「そ、そうなんだ・・・・こ、ここは・・・病院・・・だな?」
「ええ・・・そうよ・・・病気を治す為の施設・・・・よ・・・ふふふ・・・・」
「ふ~・・・・そ、そうか~・・・・良かった~・・・助かったんだ~・・・・」

ほっと一息入れる兄・・・・
しかし・・・

「ふふふ・・・本当に良かったわ・・・・これから、お姉ちゃんは手術を受けるの・・・しかも・・・その手術はここの施設でしか出来ないの・・・他の施設では絶対に出来ない方法で治療が出来るの・・・凄いでしょ~?」

怪しげな笑みをこぼし兄(姉)の顔を覗く瞳・・・

「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

妹の言っている事が分からず、呆然と考える兄・・・

「ふふふ・・・どうしたの?何で黙ってるの?折角・・・良い施設に入れたんだし・・・良い素材も出来てるのよ・・・・」
「施設?・・・・素材・・・?そ、それに・・・お、俺は・・・男だぞ・・・・お姉ちゃんじゃなく、お兄ちゃんが正しいじゃないか・・・?」
「ふふっ!!ほら・・・やっぱりおかしいわ・・・お姉ちゃんは病気なのよ・・・だからそんな事も分からなくなって・・・フフフ・・・でも大丈夫!!私が治療してあげるから・・・完治したら絶対に大喜びするわよ!!」

先程までと一変して冷徹な顔になり、姉に変える治療をしてあげると言う瞳だった・・・

続く
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。