FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャーナリストの運命 (11) 魔の手が・・・

そして数日後・・・

刀也に例の写真を渡した彼女は、一人であの村に訪れ兄の行方の手掛かりとなる情報を探していた・・・

「あ、あの~貴女・・・被害者の・・・いいえ、晃さんの妹さんですよね?」

数人の黒いスーツを着た女性が彼女を囲むようにして聞いた・・・

「え???ええ・・・で、でも・・・な、何で・・・兄の名前に・・・私の事まで・・・?」

村の住人と雰囲気の違いに、違和感を感じた彼女は、少し警戒して答えたが・・・

「ふふふ・・・そんな事・・・知らなくても良いの・・・少し調子に乗り過ぎた様ね・・・」

そう言って、彼女の後ろにいた女性が腕を掴み・・・

「だ、だれ?誰なの?い、いやぁ~!!離して!離してよ!!い、痛い!痛いじゃない!!な、何なのよ!!貴女達は!!」
「・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・ふふふ・・・これから良い所へ連れて行ってあげる・・・」

一人の女性が注射器のようなものを持ち出し、彼女の首筋へ刺した・・・

チクッ!!
チュウウウ~

「ふっ、な、なに・・・なに・・・し・・・た・・・の・・・・」

バタッ!!

そのまま気を失い倒れた・・・

「フフフ・・・少しばかり騒ぎ過ぎた様ね・・・まずは私達の教えに賛同する様に、お仕置きを受けてもらいましょうね・・・フフフ・・・」

倒れた彼女を担ぎ、車に乗せられ研究所へと運ばれていった・・・

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・

「う・・・ぁ・・・・・・あ・・・な、なに!!こ、ここは?ど、どこ?」

目が覚め、慌てる彼女・・・

「あらあら・・・早いお目覚めで・・・」
「あ、貴女は!!」
「フフフ・・・私は、ここの研究所で警備担当をしていて、これから、貴女の尊敬する上司になる者よ!」
「はぁ?尊敬?上司?いったい何の事?」
「フフフ・・・それはこれから分かる事よ!!」

そう言って、ヘッドフォンを頭に被せて装置のスイッチを入れた・・・

カチッ!!

「な、何するよ!!」
「ふふふ・・・もうそろそろ分かる頃よ!!」

するとヘッドフォンから耳障りな音が大音量で発せられ・・・

「ぐっ!ぐぎゃっ!!ぎ、ぎ・・・ぎゃああああああ!!!」

大音量の音に、頭が割れそうになり首を左右に振って苦しむ彼女・・・

「ぎぃっ!!ぎやぁぁ!!や・・・やめて・・・い・・・いや・・・い・・・痛い・・・あ・・・あ・・・頭が・・・頭が・・・頭がおかしく・・・なる・・・あ・・・あ・・・」

耳障りな大きな音に頭が破裂しそうで、思考までが真っ白に消えかけて・・・

「ふふふ・・・良い顔ね~すばらしい音楽でしょ~・・・ふふふ・・・思いっきり苦しみなさい・・・その苦しみが大きければ大きいほど、私の良い部下になれるわ・・・フフフ・・・このまま後、何日持つかしらね・・・・」

彼女には何を言っているのか分からず・・・ただ、ひたすら悲鳴を上げていた・・・
そして、その様子を見て楽しんでいた女性は、そのまま部屋を出て行った。

続く
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。