FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャーナリストの運命 (7) 被害者の妹

村に下りて数日・・・研究所との因果関係は取れなかった・・・
と言うか、この村自体が、研究所に協力しているようにも見えた・・・

「ふ~・・・やっぱり・・・自分じゃ~・・・無理なのか・・・」

そう、弱音を吐いた時に、一人の女性がきて・・・

「あ、あの~・・・あの件で調査に来ているジャーナリストさんですよね?」
「え?貴女は?」
「はい・・・私は・・・蒸発事件で行方不明になった被害者の妹です・・・」
「妹さん?」
「はい・・・兄は、この村で自給自足の生活をするって言って仕事を辞めこの村に来たんです・・・そして、土地と家を購入し、生活していたのですが・・・」
「それで・・・何かあったんですね?」
「ええ・・・私は・・・電話でしか聞いていないのですが・・・行方不明になる数週間前・・・
山の購入の手続きを終えて、その山に同級生だった友人と入った話なんですが・・・」
「山に入った?何処の山ですか?」
「はい・・・あの研究所の裏にある・・・」
「あの山ですね?」
「はい・・・山奥に入って行くと、なにやら大きな施設かあって、そこの近くの洞窟には、新しく工事で出来た入り口があって・・・数名の研究員らしい人が何かをしていたそうです・・・」
「洞窟?研究員?」
「はい・・・そして・・・友人の一人が持っていた携帯で写真を撮ると・・・」
「撮ると?」
「その中にいた研究員が気が付き、警報が・・・そして、慌てて逃げたみたいなんですが・・・友人の一人が山ではぐれて・・・・」
「山ではぐれた?」
「はい・・・村に下りて、慌てて警察に通報して捜索も依頼したみたいなんですが・・・結局、その友人は見つからず・・・」
「そ、そうだったんですか~・・・なら・・・他の友人に話を聞けは・・・」
「ええ・・・それで、兄が消息を絶ってから、その友人に話を聞こうと自宅に行ったのですが・・・その友人も・・・」
「いなかった・・・」
「はい・・・それで・・・もう一度ここに来て調べてみようかと思って・・・そうしたら、この村らに丁度この事件を調べているジャーナリストさんがいると聞いて探していたんです!!」
「はぁ~・・・そうなんですか~・・・」
「ええ・・・これがあの時の写真だそうです・・・消息を絶った兄の友人が奥様に渡していたそうです・・・」

そう言って、一枚の写真を手渡した・・・

続く
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。