FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインデーの特性チョコはいかが?(2)

「ふ、ふぁ~・・・な、何だったんだ?昨日と言うか、夜中の苦しみは・・・」

ブルブル・・・

「うっ!!!トイレ、トイレ・・・」

ドタドタドタ・・・・

慌ててトイレに駆け込むが・・・

ガチャガチャ・・・

「えっ!そ、そんな~!!!」

ゴンゴン!!!

「あ、あの~ま、まだですか・・・も、漏れそうなんですけど・・・」

股を押させトイレの戸の前で脚上げをする・・・

ドンドン!!!

「ま、まだ~・・・・」
「もぉ~!!しょうがないな~!ちょっと待ってよ~!!」

ガラガラガラ・・・ガラガラガラ・・・
カチッ
ゴジョョョ~~~
ガチャッ!

「フフッ!おはよ、お姉ちゃん!」

すれ違いに、怪しげな笑みをこぼし・・・挨拶をする妹・・・
しかし、緊急事態の為、何を言ったのか聞こえていなかった・・・

「あ、ああ・・・おはよ・・・うっ!うっ!も、漏れる~~~~~!!!!!」

慌ててトイレへ・・・
すると、中から・・・

「えっ?な・・・あ、あれ?あれ?????うっ!!!うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

ビチャビチャビチャビチャ・・・・

床に水をこぼした音が聞こえた・・・

コンコン!

「どうしたの?そんなに大きな声だしちゃって・・・・?大丈夫?何か、こぼれた音がしたけど?」
「えっ?あっ!!!だ、大丈夫!!大丈夫だよ・・・」

裏返った声が返ってきた・・・

「ほんと~?あっ!!もしかして・・・間に合わなかった?」

くすくすと笑いながら聞く妹

「えっ!!!な、な、何が間に合わなかったって・・・?」

慌てている様子が返事で分かるぐらい動揺している兄・・・

「フフフ・・・隠しても駄目だよ・・・聞こえたよ・・・お漏らししちゃったんだよね?」
「ち、違う・・・違うの・・・こ、これには・・・訳が・・・」
「認めるんだ~・・・ふ~ん~やっぱり・・・漏らしたんだ~アハハ!」
「ち、違うの・・・漏らしてなんか無いわよ~!!」
「え?無いわよ~?フフッ・・・ねぇ~さっき・・・なんか・・・語尾がおかしくなかった~?」
「な、なんでもないわよ・・・そ、それより・・・ちょ、ちょっと・・・トイレの水が漏れたみたいで・・・床が水浸しに・・・なっちゃったんだけど・・・拭くもの持ってきてよ!!」
「ふ~ん~・・・水漏れ・・・ねぇ~・・・まっ、いいわ・・・雑巾持ってきてあげる・・・・」
「う、うん・・・お願い・・・」

(フフフ・・・こんなにも早く効果が現れるなんて・・・でも・・・何でなの?話し言葉まで変わるなんて・・・今まで試してきた彼達は、何回も食べさせてからじゃないと変わらなかったのに・・・しかも、話し方まで変わるなんて・・・調合ミスったかしら・・・)

カチャッ!!

「え!!お、お兄ちゃん?ど、どうしたの?その胸!!え?髪の毛まで伸びて・・・」

驚いた振りをする妹・・・

「え、あ、そ、その~・・・あ、朝・・・起きたら・・・何でか分からないけど・・・起きたら・・・こんな姿に・・・ね・・・どうしよう・・・あ・・・あたし・・・」

泣きそうな顔して、妹に助けを求める兄・・・

「ん~・・・どうしようって言われてもな~・・・病院行く?色々な実験されると思うけど・・・」

嬉しそうに無邪気な顔をして言う妹・・・

「び、病院?い、嫌!!嫌よ!!そんなことしたら・・・私・・・実験材料に・・・」
「ふふふ・・・じゃあ~・・・どうするの~・・・まっ!今日から3連休だし・・・フフフ・・・」

不気味な笑顔で迫ってくる妹・・・

「え、え、え~!!!!」

ピロリロリ・・・ピロリロリ・・・

そこに、電話が・・・

「ねえ・・・お兄ちゃん・・・いや・・・お姉ちゃん?電話が鳴ってるよ!」

口の前に手をやりニヤリと笑って言う・・・

「う・・・う・・・・わ・・・分かったわよ!!」

目に涙を溜めて、電話を取りに行く兄・・・

(あ~あ・・・床・・・びちゃびちゃになっちゃって・・・ふふふ・・・まっ、いいか~彼女と分かれさせる為にはね!!ふふふ・・・)

「あ、はい・・・え!!!あ・・・そ・・・その・・・え~っと~・・・その~・・・」

慌てている兄の姿・・・

「え?今日?用事?いや・・・無い・・・けど・・・え?会いたくない?そ、そんな事・・・え?今家の前!!そ、それじゃあ~・・ちょっと待ってて・・・」

ドタバタと慌てて家の中を走り回る兄・・・

「も~煩いわね~!!なんなの~?」

腰に手を当て、頬を膨らませ、仁王立ちして怒る妹・・・

「あ、その~・・・あの~・・・か、か、彼女・・・彼女が・・・」

手をふわふわとさせてアタフタしている兄・・・

「彼女~?・・・彼女がどうしたの?」
「い、今・・・いる・・・いるの・・・家の前に・・・来てる・・・」
「ふ~ん~そう・・・ここまで・・・来たんだ~じゃあ、会えば?」
「そ、そんなの・・・こ、こんな姿じゃ~・・・あ、会えないよ~!!」
「フフフ・・・大丈夫だって~きちんと説明すれば・・・分かってもらえるわよ~ふふふ・・・」
「そ、そうかな~・・・」
「ええ・・・そうよ・・・さっ!着替え着替え!!ふふふ・・・私の洋服貸してあげるからね!!・・・・ふふふ」

背中を押されて妹の部屋に連れ込まれた兄・・・

続く
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。