FC2ブログ

バレンタインデーの特性チョコはいかが?(3)

「こ、こんな・・・こんな姿じゃ~・・・こ、これじゃあ~お、女・・・女の子だよ~・・・だ、駄目だって~・・・」
「ふふふ・・・い~の!い~の!さっさ!!行った!行った!!」

恥ずかしがりながら、妹の服を着せられた兄は、玄関まで行きドアを開けた・・・
すると、門の前には、彼女が待っていた・・・

(フフフ・・・思った通り・・・変わったみたい・・・あれ?でも・・・何故かしら・・・効果が効き過ぎたのかしら・・・ここまで女人化しているなんて・・・あ、服そうかしらね・・・妹さん・・・なかなかやるわね・・・油断は出来ないわ・・・)

玄関の戸が開くなり、女人化した姿を確認すると、口元が少しにやけて・・・

「ね、ねえ・・・ど、どうしたの?その格好・・・まるで・・・女の子じゃない・・・それに・・・髪の毛・・・そんなに長かったかしら?」

女人化したことに驚いたふりをする彼女・・・
しかし・・・兄を見つめる目は怪しく光っていた・・・

「そ・・・・それは・・・その~・・・・」
「どうしたの?」
「それは~・・・」

その様子を見ていた妹が、

「あ、初めまして・・・お兄さんの知り合いの方ですか?」

引きつった笑顔で挨拶をすると・・・

「知り合い?え、ええ~そうですよ・・・知り合いではなく・・・彼女です!!」

こちらも、引きつった笑顔で挨拶を仕返す・・・
二人の間に、バチバチと火花が飛び散り・・・

「あ、あの~・・・わ・・・私は~・・・ははは・・・」

二人のにらみ合いに耐え切れず、彼が口を出すと・・・

「ふふふ・・・そうね・・・ここじゃ~なんですから・・・お部屋で・・・」

チラッと横目で妹をみて微笑み言うと・・・

「な!!そ、そんな事・・・ほ、他で・・・家に上がろうなんて・・・」

慌てる妹・・・

「それもそうね~・・・なら~他の場所で・・・二人っきりで・・・あ!そうだわ!もしよろしければ・・・私のお部屋に来ません?煩そうな妹さんは置いといて・・・・」

ビッシッ!!バチバチ!!

「あ・・・あ・・・あの~・・・・その~・・・に、にらみ合いは・・・そ、その辺にして~・・・・」

アタフタとする彼・・・

「え?」
「あ?」

鬼のような顔をして、二人彼(兄)を睨む・・・

「あの・・・じ、じゃあ・・・う、家に・・・ど・・・どうぞ・・・お部屋に・・・」

冷や汗をかきながら言うと、

「あら~そう・・・フフフ・・・じゃあ、お言葉に甘えさせてもらうわ・・・」

急に笑顔になり家に入る彼女・・・

「ねえねえ・・・お兄ちゃん!気をつけなよ~・・・あ~言うの・・・危ない人よ!!」

兄の近くによって、こそこそっと話しかける妹

「フフフ・・・何かしら?あ~言うの・・・・って・・・?」

笑顔で・・・しかし、赤く熱いオーラが背中に出して聞く彼女・・・

「あ、あはははは・・・あはははは・・・さっさ・・・どうぞ中へ・・・」

妹と、にらみ合っている彼女の背中を押して部屋の中に連れて行った・・・

続く
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード