FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある省庁の勘違い官僚 2 偏った考えは身を滅ぼす?

プルルルル・・・・プルルルルル・・・

「おい!電話・・・なってるぞ!!」

一番近い電話がなっているのに取ろうともせずに、OLに文句を言う・・・

プルルルル・・・・プルルルルル・・・

「おい!早く取らんか!!」
「は~い・・・すいませ~ん・・・」

(ほんと・・・コイツ邪魔ね・・・鬱陶しいし・・・早くどこかに行かないかしら・・・)

そう言い、少し慌てた振りをして電話を受ける女性・・・

「はい・・・」
「本当に・・・なんだと思っているんだ・・・だから女は役に立たん・・・」

と、一人で、フロアーに聞こえるぐらいの声で文句を言っている

「課長・・・・?」

(何でコイツが課長なのよ!!人の話も聞かないくせに・・・自分の主張だけ言って・・・)

女性職員が目の前にいる課長を呼んでいるが文句を言うのに必死で全く聞こえていない・・・

「本当に・・・今の連中と来たら・・・」

ぶつぶつとまだ文句を言っている課長・・・

「課長・・・・?」

(また、始まっちゃったのかしら~・・・ほんと・・・困るのよね~・・・なんで・・・コイツが合格できるのよ・・・・)

「このエリートの俺を何だと思っているんだ・・・しょうもない仕事をしてやっているのに・・・もっとエリートの重要性を理解して欲しいものだ・・・」

勘違い発言を未だにぶつぶつと言って・・・

「課長!!」

大きな声で呼ぶと・・・

「あ~うるさい・・・!!聞こえている!!何回も言わなくても分かってる!!何だ!いったい・・・」
「・・・・電話です!!」

(何なのよ・・・コイツ・・・先月入庁したばかりの役立たずが・・・国Ⅰ合格だからって・・・何様なの・・・しかも私達女性をバカにして・・・・聞こえているなら直ぐに受け取ってよ!!)

ムッとした表情で、電話を渡し自分の机に戻っていく女性職員・・・

「はい・・・」

済ました顔で電話を受け取る課長だったが・・・
その内容が・・・

続く
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。