FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある省庁の勘違い官僚 13 女性職員の仕打ちは続く・・・

電車に乗って出先機関に行く・・・・

「おはようございます・・・○○省の・・・」
「あぁ~・・・・れ、連絡来てるよ!プッ!」

口を手で塞いで笑いを堪える警備員・・・

「・・・良いよ・・・プッ・・・い、行って!!プッ・・・ククク・・・」

恥かしそうに事務所に入って行く彼女

「・・・お、おはよう・・・ご、ございます・・・あ・・・あの~・・・」

事務所に入り、挨拶をしたら・・・

「フフフ・・・」
「ククク・・・」
「あれが・・・あの・・・」
「ほんとだ~・・・女になってる~・・・」

事務所の職員が彼女を見て固まっている職員や、なにやらヒソヒソと話す女性職員・・・
そこに一人の女性職員が来て、

「ふふふ・・・ねぇ~・・・自己紹介は?」

と、ニヤニヤと笑みをこぼし足元から順に見て言った・・・

「えっ?じ、自己紹介・・・・」
「そう・・・自己紹介・・・貴女・・・性転換してんでしょ?そこも含めて、言いなさいね・・・・」
「う・・・・うっ・・・・は・・・はい・・・・」

うつむき小さな声で自己紹介を始める彼女

「あ、あたし・・・あたしは・・・○○省の課長だった・・・・**です・・・で、でも・・・飲み屋で・・・起きたら・・・女にされていて・・・・」
「嘘でしょ!!本当は自分で女になりたくて性転換してんでしょ?」
「ち、違う!!き・・・気が付いたら・・・・」
「・・・あっそう・・・なら~明日香さんに言っておくわね・・・・」
「えっ?・・・そ、それは・・・」
「ふ~ん~・・・困るんだ~・・・なら~・・・分かってるわね!」
「は、はい・・・・」

みんなの視線を避けるように下を向いて話し始める彼女

「あ、あたしは・・・・じょ、女装の・・・・しゅ、趣味が・・・・あって・・・・そ、それ・・・でも・・・・あ、飽きたらず・・・お、女に・・・女になりたくて・・・せ、せい、性転換・・・・・を・・・して・・・してくれる・・・ば・・・場所を・・・・探して・・・」

もう、どうなっても良いと言う感じで話した・・・

「フフフ・・・そうなんだ~・・・じゃあこれから、ちゃ~んと教えてもらわないといけないわね・・・」
「えっ?教えてもらう?」
「ふふふ・・・そうよ!女として・・・どうやって生きて行くかを・・・フフフ・・・」

妖しげな笑みをこぼして言う女性職員

「お、女として・・・生きる・・・そ、それは・・・・」

女性職員に言われ、ハッとする彼女・・・

「そうでしょ~・・・まぁ~いいわ・・・これ・・・貰っていくから~・・・もう帰っていいわよ!」

そう言って、持ってきた資料を受け取って別の部屋に行ってしまった・・・

(フフフ・・・自ら女になるって・・・そう言ったわよね・・・フフフ・・・録音しておいて良かったわ・・・)

続く
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。