FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13日の金曜日

今日は13日の金曜日なんですよね!
夜遅くに、チェーンソーを持った・・・

そう言えば昔、13日は木曜日、ジャクソンニューヨークへ行く・・・というパロディーがあった記憶が・・・
間違えて、借りてきてしまって、逆にトラウマになった覚えがあります・・・


・・・白いマスク・・・

雲一つ無い綺麗な夜空・・・
満月が眩しく感じる夜の出来事・・・

ドンドンドン!!
ドンドンドン!!

「なんだ~・・・こんな夜中に・・・・」

ドンドンドン!!
ドンドンドン!!

「はい、はい、はい・・・・どちら様~」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「あれ~おっかしいな~・・・さっきまで気配があったのに・・・」

ガチャガチャ・・・
ギィィィィ~~~~~

「誰もいない・・・・いったいさっきのは・・・・なんだったんだ?」

ギィィィィ~~~~~
ガチャガチャ・・・・

「ふぁぁぁぁぁ~~~まだこんな時間だ・・・・寝るか~・・・・・」

ベットに戻り眠りに付いた瞬間・・・

ドンドンドン!!ドンドンドン!!
ドンドンドン!!ドンドンドン!!

「・・・・・・・・ま、またか・・・・いったい誰が!!」

ドンドンドン!!ドンドンドン!!
ドンドンドン!!ドンドンドン!!

「この野郎~・・・誰だ!!」

ガチャガチャ・・・
ギィィィィ~~~~~

ドアの前には、黒づくめの全身タイツに、白いマスクを被った小柄の子供が立っていた・・・

「おい!!今何時だと思っているんだ!!」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

何も返事が無い・・・・

「おい!!ふざけているのか?おい!!」

そう言って、肩を掴み揺すると・・・

パサッ!!!

片手に持っていたマスクを落とし、下を向いて取ろうとした時、後ろで纏めていた長い髪の毛がたれて・・・
小柄の女性だと言う事が分かったった・・・?

マスクを取って、顔を確認しようと、手を近づけながら視線を顔に向けると・・・・

「!!!!!!!!!!」

急に目の前が真っ暗になって意識が・・・・

「ム~~~~・・・・ム~~~~~ム~~~~~・・・・・・」
「ム~~・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

騒ぎに気が付いた妻が、懐中電灯片手に玄関へと行き、

「あなた・・・・どうしたの?」

と、聞くと・・・・

呆然と立っていた男が振り向き・・・

「きゃぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーー」

驚き、腰を抜かして尻餅をつき・・・

男が片手に持っていたマスクを顔に近づけ・・・
次第に白いマスクが顔と同化して・・・意識がなくなり・・・


「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

カチャッ!!

「ねぇ~・・・ママ~?どうしたの?」

娘が眠そうに目を擦りながら、階段を下りてきて・・・

「ママ?なんでそんな、マスクしているの?風邪でも引いたの?」
「パパは・・・・?あれ・・・?パパ?・・・・なんでパパなのに胸が大きいの?」
「何でなの?ねぇ~ママ~・・・?マ・マ?」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

無言で近づき、手に持っているマスクを娘の顔に近づけ・・・・

「や、やめてよ!ママ!!な、なに・・・このマスク・・・い、いや!!やめて・・・」

必死に抵抗する娘・・・
しかし、抵抗もむなしく、マスクを付けられてしまった・・・

「い、いや・・・や・・・・あ・・・あ・・・何・・・?この感じ・・・あ・・・あ・・・あ・あ・ア・・ア・・・・ア・・・・・」

白いマスクが顔と同化し始め・・・

「クスクス・・・コンナカンジ・・・ウマレテハジメテ・・・・ア~~~~・・・・・・ハヤク・・・トモダチニモ・・・・ツケテアゲナイト・・・・クスクス・・・」

胸が大きくなった男は、次第に体が小さくなって、髪の毛が伸び・・・
その妻は、体が小さくなって、娘と同じぐらいの大きさになり・・・

黒い全身タイツに白いマスクを付け・・・片手には白いマスクを持った小柄の子供達が近所の家の前に立ち、ドアを叩く・・・

ドンドンドン!!
ドンドンドン!!




数日後・・・この村は、白いマスクを付けた女性集団が占拠されたと報道された・・・
噂では、その女性集団は小柄で、手にはマスクを持っていたとか・・・

事実を知らない、近隣国家も支援に軍を出したが、
村に入った部隊からの連絡は、直ぐに途絶えたそうだ・・・
そして、今もなお、勢力を拡大させている・・・

真夜中の訪問者にはくれぐれもお気をつけて・・・
でも、風邪をひいた時は、感染予防の為にマスクを・・・




え~・・・思いつきで、書いてしまいました・・・
こんなの書いている暇があるのから、今書いているものの続きを書けといわれそうですが・・・
ごめんなさい・・・
思いつきなので、何を書いているのか、疑問な点もチラホラ・・・と・・・
急に思いついたので・・・
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

tさん、怖いっすよ、 今 丑三つ時ですぜ、もう・・・。

あした白いマスクしてる人避けよっと。

でも・・・・胸大きくなるの ちと してみたいな・・それ。

milda7さん、
最近は、インフルエンザ対策でマスクをしている方が多いので
その中にもしかしたら潜んでいるかも・・・

胸が大きくなって・・・それからじわりじわりと体が変わって・・・・
最後には、マスクを持って夜出かけるようになります・・・
仲間を増やす為に・・・

正体がわからないと言うのも怖いですが、
マスクの下がどうなっているのか分からないのも怖い。
怖いこと尽くし。
でも、彼女達によってパンデミックを防げたり…
もしかしたらイイ子なのかなぁ?

アクノス所長さん、
はい、実は・・・
インフルエンザが流行る時期になると夜中にドアを叩いて無理やりマスクをさせに来る集団が!!
もしかするとW○Oの差し金かもしれませんね!
ただ、突然変異と言うのもありまして・・・
今度、所長さんの所に行くかもしれません・・・
咳やくしゃみをしたら、見つかるそうなのでお気をつけてくださいね!(笑)
プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。