FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対テロ特殊部隊女人化編(23) 隊長女人化?

目の前に見えるのは色々な機械が置いてある・・・・・・・・
他に分かった事と言えば自分の身体がまったく動かない事である・・・・・

何でここにいるんだ・・・・あの時、後ろで何か音がしたような・・・・・
声も出ない・・・この状況はどうなったのか・・・・・

思い出そうとすると、頭が割れそうに痛い・・・・しばらくすると急に眠気が・・・・・

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

「んっん~・・・」

「ふふ、目が覚めたようね!気分はどうかしら?」

そう言われ、目を開くと、そこには白衣姿の伊集院が満面の笑みでこちらを見ている。

「この状況を見れば分かるじゃない・・・・気分?最悪に決まってるじゃない・・・・
何よこれ・・・・外してくれない・・・・」

そういい身体を揺すり拘束してあるベルトを緩め様とした時、何か違和感を感じた。

この髪うっとうしいな~・・・・それに・・・・

?????

???????

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・

!!!!!!

!!!!!!!

「こっこっこ、これは何・・・・・?何よ!!これ、私の胸????・・・・えっ?膨らんでるの???・・・・・えっ????何?髪の毛?えっ?何で?どうして?・・・・・やだ!!私の声・・・・・」

「ふふふ、気が付いたみたいね!!そうよ、貴女が眠っている間に少しばかり可愛くなる様に特別なメイクと、少しお身体にお薬を入させてもらったわ!!ど~お?可愛くなったでしょ~♪」

満足げな顔をして、伊集院はさらに注射器を手にし、近づいてくる。
その姿をみて、恐怖を感じ悲鳴にもなら無いか弱い声で抵抗する。

「いや、やだ・・・やっやめてよ・・・・お願い・・・いや・・・」

「あらあら~、精鋭な隊長さんだった貴女がそんな声で抵抗するなんて・・・・ほんとうに貴方、元隊長だったの?信じられないわね・・・・ふふ、ま~無理も無いわね・・・この薬には思考も女性化を促す様に出来ているし・・・・後もう少しすれば・・・・ふふふ、あははははははは・・・」

「えっ・・・なに?薬?えっ?私、どうなるの・・・・やだ、女になるの????・・・・
いや・・・・そんな~・・・・後もう少しって・・・・・お願い・・・私なんでもするから・・・・助けて・・・女になんてなりたくないの・・・・」

「ぷっ!!ふふふあははははははははは~・・・何?その話し方?女になりたくないの~・・・・そんな言い方して、女になりたくないですって?・・・・・・あははははははは~・・・・もう女になってるじゃない、その髪型、その胸、そして声に話し方に仕草まで・・・・どれを取ってももう女じゃない!!」

「うっ・・・嘘よ!!そんな~・・・な、なんで、私が女に・・・・意・・・嫌よ・・・」

男言葉で話そうとしても自然にこうなってしまう・・・しかも、今にも泣きそうに目には涙を溜め・・・・

「あ、そうそう!忘れてたわ!!そう言えば、まだだったわ!貴女の股はまだ変えてなかったわ!!まだそのままなのよ!!どう?嬉しい?」

「えっ!!そ、そうなの?ほんと!!ほんとに?」

少し希望が持てた様な気がして・・・・嬉しくなって・・・・何故か涙がこぼれた・・・

「ふふ、でもそれじゃあ元に戻っても今まで通りの仕事なんて出来ないわね!!その格好に仕草・・・・オカマノ軍人さんなんて聞いた事ないわ!!しかも選び抜かれた精鋭部隊の隊長ですって・・・・あははははははははは~想像しただけでも、お腹が痛くなるわ~♪」

「いや・・・嫌よ~・・・・嫌!!そんなの絶対に嫌!!それに私は・・・・オカマじゃないわよ!!」

「ぷっ!ふふふ・・・あはははははははは~オカマじゃないですって?そんな話し方して、胸が膨らんで化粧までして?・・・・ふふふ・・・あははははははははは~お腹が痛いわ~」

「そっ、そんな~・・・・だって、これはあなたが・・・・そうよ、あなたがやったんでしょ!!私が望んでやったんじゃないんだから・・・戻してよ!!」

今まで、お腹を押さえ笑っていた伊集院が真顔になって、

「うっさいわね~・・・だったらその話し方だけでも直してみなさいよ!!男なんでしょ?それぐらい出来るわよね?え???出来ないの!!それに、男だったらこんな事出来ないわよね!!」

そう言うと胸をつかみ、揉み始めた。

「あっ!!あっ・・・・やっ!!やめ・・・やめて・・・いや・・・
あっ・・あぁ・・あぁぁ~ん・・・いや~・・あぁぁ~ん・・・あぁぁ~ん」

生まれて初めて経験する胸の違和感・・・・変な感じから何か湧き上がる様な感じになって・・・そして、我慢の限界を超え声まで出てしまった。

「ふふ、本当に男なの?何?さっきのいやらしい声は私の聞き間違いかしら?なに甘い声出してんのよ!!女じゃなければ変体よね!!・・・・そう!!あなた・・・変体なのね!!そ~ぉ・・・変体なんだ~・・・ふふ、確かに、胸小さいし・・・・」

どんなに苦しくどんなに辛くても弱音を吐いた事も無かった貴博だったが、伊集院の言葉攻めにより言い返せなくなって目に涙が・・・

「ちっ違うわよ!!わ、私は変体なんかじゃー・・・グズッ・・・だって・・・・グズッ・・・何で・・・・グズッ・グズッ・グズッ・グズッ・・・・・・・・・」

・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その様子を見て楽しんでいる伊集院が、また何かを思い出したのか近くによってきた。

「なに泣いてんのよ!!・・・・ふふっ!!でも~その様子なら心も女に変わりつつあるわね!!実はこの薬ね~今のところ持続効果が短い物を使っているのよ!!後半日ぐらいで話し方や仕草は戻ると思うわ!!ふふ、でもその前にこの薬を注入すれば今度こそ戻れない様に出来るわよ!!どう?こうなったらもう諦めてあなた自身で注入してみる?」

そう言い伊集院がポケットから薬品入りのアンプルと注射器を取り出し渡そうとしたが・・・

・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・

「するはずは・・・・無みたいね・・・ふふ、そうだ!!さっき貴女が撃った物、何だかご存知だったかしら?・・・・・・まさか~知らないで撃ったんじゃないわよね?ふふふ・・・・」

そう言って手にしていた注射器とアンプルをケースに戻し白衣のポケットにしまった。

「えっ!!さっき撃ったの?・・・・あれは・・・・・えっ?何?・・・・訓練に使う的って・・・・思ったの・・・えっ・・・違うの・・・・ね~・・・・あれは何?何なの?ね~何なのよ~・・・教えてよ~・・・」

伊集院の顔の表情を窺いながら、さっきの標的がなんだったのか自分の記憶も引き出しながら質問した。

(つづく)
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。