FC2ブログ

姉妹編 (34) 最終調整・・・もう後には戻れない・・・

数ヵ月後

真琴の外見はどこから見ても女の子に・・・
しかし、身体の一部分と心は未だ男の子の状態だった・・・
母親と明日香が伊集院の施設に真琴を連れて行く
「これじゃあ中途半端だから・・・真琴も困るでしょうから・・・伊集院様に変えてもらえるように頼んであげたわ・・・ふふふ・・・可愛く最後の仕上げをしてあげる!!ふふふ・・・」
そう言い、ベットの上に固定された真琴の顔を覗き込んで微笑む母親・・・
「えっ?中途半端・・・って・・・?変えてもらう・・・?えっ?ま・・・ま、まさか・・・・」
一瞬で顔面が青ざめて・・・小刻みに身体を震わせる・・・
「クスクス・・・そうよ・・・これで完成なんだから・・・お姉ちゃんも手伝ってあげるからね?フフフ・・・あはっ!あははははははははは・・・・」
白衣に着替え、両手には肘まである白いゴム手袋を付けて楽しそうにする明日香・・・
「う・・・そ・・・そんな~・・・い、嫌だ・・・嫌だよ・・・・ぼ・・・僕は・・・」
必死になって抵抗するが・・・
「真琴・・・また言ったわね・・・僕って・・・」
「えっ?だ・・・だって・・・ぼ、僕・・・男だよ!!何で・・・女の子の格好しないといけないの・・・・やっぱり嫌だよ・・・・」
目に涙を溜めて最後の望みを託して訴えたが・・・
「ふ~・・・仕方ないわね・・・明日香もここまで頑張ってくれたし・・・ここからは、お母さんが真琴を完全な女の子にしてあげるわ・・・・フフフ・・・・明日香・・・手伝ってちょうだい・・・・」
「クスクス・・・はぁ~い!!」
台の横に置いていあった注射器を持って近づき・・・
「クスクス・・・目が覚めれば完全な女の子になれるわよ・・・少しの間寝てなさい・・・」
チクッ!!
「いっ!!・・・・・」
(だ、ダメ・・・ね、寝たら・・・ぼ・・・僕・・・じゃ・・・あ・・・な・・・く・・・な・・・る・・・・い・・・い・・・や・・・・だ・・・・・)
呆然とする真琴の表情を確認する母親と明日香・・・
「ふふふ・・・綺麗に取ってあげるわね・・・」
「クスクス・・・真琴もこれで・・・」
真琴は何を言っているのか理解できずに、意識を失った・・・
そして・・・そのままベットに固定されて・・・女人化装置のある施術室へ運ばれていった・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

「うっ!!ううう~~~~」
「くすくす・・・起きた?」
ベットの横には、明日香が横にいて話しかける
「う、うん・・・」
「どうかしら・・・」
「えっ?どうって・・・私・・・」
目が覚め・・・自分の身体に異変に気が付いた。
そして、ベットから起き上がって何があったのか思い出だそうと・・・
「あ、あれ?・・・こ、声・・・あ~・・・あ~・・・・あ~・・・あ、あれ・・・なんか変・・・私・・・・えっ?・・・わ・・・・えっ?・・・・わ・・・わ・・・・あれ?言えない・・・なんで・・・?」
多分、頭の中では、僕って言っていると思うが、口では何の抵抗も無く私といってしまっているのだろう・・・
「クスクス・・・それはそうよ・・・だって・・・真琴は女の子だから・・・自分の事を私って言っても、おかしくないでしょ・・・それに・・・今までの声でも良かったけど・・・どうせなら・・・女子のらしく可愛い声にしないとって・・・」
嬉しそうに満足げに話す母親だった・・・
「えっ?じゃあ・・・わ、私・・・えっ?お、女の子らしくって・・・じ、じゃあ・・・も、もしかして・・・」
慌てて体中を見て確認しようとしたが・・・
「クスクス・・・どうかしたの・・・真琴・・・これでもう悩む事は無くなるわよ・・・・」
「あ、お姉・・・お母さん・・・な、なんで・・・・・・お、お姉ちゃん・・・お・・・えっ・・・?あ・・・あれ・・・?う・・・うそでしょ・・・」
姉を呼ぼうとし、頭を上げて前を向くと、今までと違って体が小柄になって、皮膚の色も色白くなっていた自分の姿が鏡に写って・・・
そして・・・不安になり、股の部分を恐る恐る見ようとしたが・・・
「あれ?・・・み、見えない・・・えっ?えっ?」
今までに大きくされた胸が邪魔をして、股のモノが見えなく、手で必死になって確認しようとしたが・・・触れない・・・
「うっ、うそ・・・な、無い?無い・・・無い・・・えっ?わ、私の・・・・つかめない・・・つかめない・・・えっ?ま、まさか・・・」
「くすくす・・・何してんの?無いって?当然じゃない・・・・女の子でしょ~・・・股に何かあるって言うの?・・・あったらおかしいでしょ~」
嬉しそうに話す明日香、追い討ちをかけるように
「そうよ~・・・これで、真琴も・・・くすくす・・・これからはどんな格好をしても良いわね!!あんな物・・・いらないでしょ?ふふふ・・・これからは・・・立っておしっこは出来ないわよ・・・女の子だから・・・・・当然よね~・・・・・ふふふ・・・・」
現実を突きつけるように母親が言う
「えっ?・・・そ、そんな・・・そんな~~~~いっ!!いや・・・嫌よ・・・そ、それに・・・な、なによ・・・こ、これ・・・わ・・・あれ?わ・・・私・・・あれ?な、何で・・・・?こんな格好・・・・」
先程と違う変わったベットに固定されていることに気が付いて・・・身体を揺すり始める真琴・・・
そこに、何かを取りに行ったのか?離れた場所で何かをしている姉が近寄ってきた
「フフフ・・・ど~かしら~・・・フフフ・・・やっとこれで本来の真琴に戻れたのよ・・・いつも女の子っぽくて、でも、身体は男で・・・よく虐めれて・・・可哀想な真琴・・・フフフ・・・でも、もうこれで虐められなくて済むわね・・・フフフ・・・」
「そっ・・・そんなの・・・なんで?なんで・・・お姉ちゃん・・・なんで?あの時、服装だけで良いって・・・こ、これじゃあ・・・もう・・・私・・・ううううう・・・うう・・」
変わり果てた姿を想像して女の子の様に泣く真琴・・・
「クスッ!ほら・・・だって~・・・真琴は女の方が可愛いじゃない・・・それに~今だって女の子みたいじゃない・・・いや・・・女の子よね・・・これで男に戻ったら・・・・クスクスクス・・・変態よね~・・・フフフ・・・」
「ひっ、酷い、酷いよ!!お姉ちゃん!・・・私は女になんてなりたくなかったのよ!!そ、それを・・・お姉ちゃんがいきなり女装させて・・・しないと怒って・・・そ、それで仕方なく・・・」
「あら?・・・そうだったかしら~?・・・クスクス・・・私・・・知ってるわよ~・・・あの日の事~・・・」
「えっ?な、なに言ってるの?あの日って何?」
「あら~?もう忘れちゃったのかしら~・・・?ふふふ・・・だったら良いわ~・・丁度伊集院様と、お母さんもいる事だし・・・ちゃ~んと聞いてもらわなきゃ~いけないわね!!これを聞けば伊集院様も、お母さんだって、もう、何があっても真琴を男に戻すって言わないわよ!!フフフ・・・」
(あらあら・・・フフフ・・・明日香ったら~・・・私がいつ真琴が男の子だって言ったかしら~・・・こんなに可愛い真琴が男だなんて・・・ありえないわ・・・それに男にするのなら、最終装置のシステムを作った意味が無くなっちゃうじゃない・・・真琴は産まれたじから女の子なのよ・・・それを男としてあいつが育ってしまったから・・・)
真琴の姿を見てにこやかに微笑む母親に、その後ろで性格が変わっていく母親と明日香をみて笑みをこぼす伊集院がいた・・・
(えっ?ぼ、僕・・・お姉ちゃんに見つかるような変な事・・・したかな~・・・も、もしかして・・・あの日の事?・・・で、でも・・・あの日は・・・ぼ、僕の部屋で・・・誰にも見つからないように・・・そ、それに・・・隠したあったビデオカメラもどかして・・・)
「あら~・・・どうしたのかしら~・・・そんなに心配な顔しちゃって~・・・フフフ・・可愛いわ~・・・真琴!!クスッ!!じゃあ・・・一緒に見ましょ!!」

ピッ!!
そう言い、デッキの再生スイッチを押した。

続く
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

すごく

後の展開が楽しみになってきました。強制性転換で女の子の体にされた真琴ちゃんに処女喪失の日が来るかどうかも楽しみです。

コウさん、
感想ありがとうございます。
実は、
この後、真琴ちゃんにさせられてしまう決定的の、あの日の出来事が
ばれてしまいます・・・
言い逃れできないほどに・・・
この先もお楽しみ下さいね!
プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード