FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対テロ特殊部隊女人化編(8) 第三小隊捕獲

「さっきはどうもありがとう、すっごく痛かったわっ!!」

と捕獲した人質が、先程銃口を突きつけていた小銃の床尾で頭部を殴った。

ガッツ!!

「クッ!!」

殴られた勢いを使って倒れるふりをし、ミルダ中尉の背後に回り込む、そして背後から拳銃を突きつけた。

「さて、先程の質問の回答がまだだったが?お前は誰だ?」

と、殴られた時に出来た頭の傷から血が出てきており片目を瞑りながら問いかける。

「あ~ぁ、まさか背後を取られるとはね~・・・やっぱり凄いじゃない!!褒めてあげないと!!じゃぁ~馬鹿にしたことだけは撤回してあげるわ・・・でもね私が誰かはいずれ分かる事だし・・・今聞かなくてもいいわよ~・・それに・・・・」

両手を上げ、ミルダ中尉は何かしようとしたが、通信機がなっている事に気が付き動きを止めた。そして、通信機を小隊長に取らせるように指示をし、ある画像を見せた。

ピィーピィーピィーピィーピィー・・・・

「ふふふ、ねえ?この通信機あなたあてに来てるわ、しかも画像つきで!!何もしないから取ってみて見なさいよ?」

警戒しながら銃口を逸らさずに奪うように無線機を取り液晶画面を見ると!!

「こっ・・・・これは・・・・どう言う事だ?何故だ???」

それは、建物周辺の道路を封鎖した隊員達が気絶し、大きな部屋で服を脱がされ壁に設置されたベットに手足を固定され、
頭にはコードが沢山付いたヘルメットを被り、胸にはスッポンのような透明な吸盤状の真ん中に針があって点滴のようにホースが左右に付いていて、股には前後を覆い隠すような大きな装置が付けられて、横一列に並べられている映像であった。
その画像を見て困惑する。まさか捕まるとは思ってもいなかった。

「精鋭と言われていた隊員達がこうも簡単に?なぜだ?・・・」

その瞬間、中尉に向けられていた拳銃が蹴られ中を舞っていた、と同時にイングラムの銃口が首に突きつけられていた・・・

「これで、私の勝ちね!!さ~あなたも、ショーが始まるまでの少しの間、寝ていてもらうわ!!目が覚めたときには驚くわよ!!
あっ、そうそう、言い忘れてたわ、こんな大きな音を出す物を建物に入れるのは非常識よ!!」

と言い非常ブザーを見せながら、麻酔銃の引き金を引いた。

パッシュ!!

・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・

「あっ、あの~・・・中尉様・・・・先程はすみませんでした・・・・まさかここまでとは思わなくて・・・・」

申し訳なさそうに、片膝を地面に付き頭を下げる先程捕虜になっていた隊員が言う。

「ふふ、別にいいのよこれぐらい、それよりも大丈夫??はい、これ・・・すぐに処置した方がいいわよ」

と衛生キットを手渡す。

「あっ・・・・は、はい!!一応出血は止まっていますから・・・・大丈夫です。」

心配してもらったことが物凄く嬉しくて、顔を上げ笑顔で答えた。

「でも、今までとは少し違う相手だから気をつけないといけないわよ。
あっそうそう、忘れるところだったわ!・・・・ふふ、あの部屋へあれも持っていって準備をしておいてちょうだい。」

と、他の隊員にも聞こえるように倒れている小隊長を指し、その場を離れた。

「あ、ありがとうございます。」

ほんのりと顔を赤くし、中尉の後姿に敬礼をした。

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・

(つづく)
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。