FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊集院の逆鱗に触れた河西弁護士 (13) ついに・・・

カチャカチャ・・・・ギィィィィ・・・・カチッ!!

「これでよし!!」

装置の組み立ての最終点検をして笑顔で近寄ってくる彩が、

「これ凄いんだよ~!!なんと!!この装置は、かの有名な!能力開発の・・・って知らないわよね~・・・・」

・・・・・・・・・ポワワ~ン・・・・・・・・・

(ぽわわ~ん・・・・・あれ?なんだろ~・・・身体が中に・・・浮いているみたい・・・・物凄く気持ちがいい~・・・・)

「ふふふ・・・・・・もう聞いてないわね・・・・じゃっ始めるわね!!ふふふ」

カチッ!!

スイッチを入れると同時に大きな音が頭の周りでしたかと思えば、急に頭の中に何かが入ってくる様な感じがした。

(あ・・・あんっ・・・あああん~・・・なんだろ~・・・あ・・・・頭の・・・な・・・か・・・に・・・・)

「ふふふ、気持ちが良さそうね・・・・この様子だと順調に行きそうね!!」

装置をはめられた雅憲の様子をみて伊集院は満足そうな顔をして、モニターに移っているパネルを操作し始めた。

(あ~・・・・頭の中に・・・・き・・・気持ちがいい・・・・)

「彩、脳波形の様子はどうなっているかしら?」

「はい、大丈夫です!!この様子でしたら、もう少しレベルを上げても問題ありません・・・」

伊集院に聞かれ、脳波形のモニターを覗き込んで作業工程の様子を確認し、報告する彩。

「ふふふ、そうね・・・・でも、良いわ・・・・じっくりと定着させた方が面白そうだから・・・・ふふふ・・・」

「そろそろ、第一作業工程が終了します。その後、第二工程に移ります・・・」

他のモニターを確認していた隊員が第一段階終了と第二段階開始の報告をし、タッチパネルを操作している。

「ふふふ、ここからが本番よ!!聞こえるかしら?」

報告を聞き、伊集院が雅憲の顔を覗き込み話しかける。

「ふぁ~い・・・・ほ・・・ほ・ん・ば・ん・・・・・・・?」

伊集院に話しかけられ、何を言っているのかさっぱり訳が分からないが、返答をしていた。

「ふふふ、そう・・・・本番・・・・記憶の定着をするのに必要な工程なのよ・・・」

「こ・・・・・・・う・・・・・・・て・い・・・・・・・?」

「そう・・・日常生活での支障は無いから安心しなさい・・・・」

「は・・・・・い・・・・・・・お・・・・ね・・・が・・・・い・し・・・ま・す・・・・」

「ふふふ・・・・・」

(ふふふ・・・・・・・まずは、本人が気が付かない程度に脳内を女人化させてあげるわ・・・・)

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。