FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊集院の逆鱗に触れた河西弁護士 (7) 相談内容は???

「はぁ~い!!来ちゃった!!」

インタホンに付いているカメラモニターで誰か確認すると、そこにはこの前バーで知りあった彩の姿かあった!!

「えっ!!なっ、なんで・・・・」

「い~じゃない!!今日は、お仕事を頼みに来たんだから~!!」

「えっ?君が?・・・・」

「私じゃ~無いの!!と言うか、インターホンごしの会話って・・・・中に入れさせてくれないの?」

「あっ!!ごめんごめん・・・・じゃあ~開けるから」

入り口玄関の扉の施錠を開けるボタンを押した。

「ふふふ、ありがと~!!」

・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・


カチャッ!!

事務所の扉が開くと同時に彩の元気な声が聞こえた!!

「はぁ~い!!おひさしぶり~!!」

片手を上げて笑顔で言う彩だった。彩の後ろには真っ黒で髪の長い女性が立っていた。

「いや~・・・まさかここに来るとは・・・・あっ、さっき言ってた依頼人って?」

彩の後ろにいる女性の方に視線をやり確認する雅憲。

「う~ん~・・・・依頼って言うか~・・・ん~・・・依頼って言うより、貴方にとって物凄く良い事何だけど・・・・」

「えっ?良い事?・・・・でも、今ちょっと先生いなくて・・・」

「いいの、い~の!先生がいない方が都合が良いから!!」

「先生がいない方が良い?」

「うん、そう!ま~話だけでも聞いてみてよ!!」

「えっ・・・・あっ・・・うん・・・」

「ふふふ、絶対にいい条件だから・・・ねっ!!」

彩は強引に、怪しい雰囲気の女性の話を聞かせようとする。

あまりにも強引な為、引いてしまう雅憲だったが、なぜが口では素直に彩の言葉を信用した返答をしてしまった。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。