FC2ブログ

魔界と人間界が隣り合わせの世界で起きたお話(1)

突如現れた魔人に次々と国が攻められ、敗北し・・・
その後、国は乗っ取られ、男は奴隷以下の生活を・・・女は魔人達の性欲処理の為に生かされていた。
そして遂に我が、自国の街にも魔人が攻めてきた。
抵抗はしたものの、圧倒的な武力や数によって差で負けてしまった。
それでもなお、ある一部の勢力が抵抗していたが、これ以上の犠牲を出したくないと思った王妃が交渉の為、護衛の目を盗んで、単独で敵地へ行ってしまった。
「姫・・・お食事をお持ちしました・・・姫?・・・」
ギィ~~~
「姫?・・・・姫?・・・ま、まさか・・・」
ガシャーン・・・
タッタッタッタッタ・・・・
「大変だ~!!姫が、姫が居なくなったぞ~!」
「?な、なんだって!!姫が居なくなった?」
「は~は~は~は~・・・そ、そう・・・そうだ・・・今・・・お食事をお持ちしに・・・い・・行ったら・・・いるはずの姫が・・・・」
「間違えないんだな?・・・城のどこかに居るというのは・・・」
「は~は~は~・・・いや・・・そ、それはない・・・」
「そっ・・・そうか・・・分かった・・・皆に報告しに行っててくれ・・・俺は準備をしてからそっちに向かう・・・」
「ああ・・・分かった・・・それじゃあ・・・」
「あなた?何があったの?」
「マリアン・・・すまん・・・ちょっと用事が出来た・・・今日は一緒に出かけられない・・・許してくれ・・・」
「ええ・・・分かってますわ・・・王妃がいなくなったって聞こえましたし・・・一大事ですわ・・・」
「ああ・・・本当にすまない・・・じゃあ・・・」
「はい、これ・・・」
「こ、これは・・・」
「はい・・・我が家に伝わる先祖代々の剣です・・・」
シャキーン・・・
「これは・・・凄い・・・一度も見た事ない剣だ・・・しかも・・・この黒々した刃は・・・」
「職人の魂が込められているらしく・・・闇をも切り裂くとか・・・お父様が・・・」
「そうか・・・・・ありがとう・・・」
「はい・・・お気をつけて・・・」
準備をし出かける・・・・
「ふふふ・・・最初に痺れを切らしたのは王妃の方みたいね・・・早速魔王様に報告しなけくちゃ・・・ふふふ・・・」
「そうか・・・分かった・・・」
それを知ったボスは配下に一次停戦を指示させる
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード