FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインデーの特性チョコはいかが?(1)

バレンタインデーの特性チョコはいかが?


「あっ、あの~・・・」
「はい?」

仕事帰り道を歩いていると、いつも見かける彼女がモジモジと恥ずかしそうに声をかけてきた・・・そして・・・

「これ・・・貰って下さい・・・」

そう言い、彼女は包装されたリボンが付いた箱を差し出した・・・

「えっ?こ、これって・・・もっ、もしかして・・・」

突然手渡されたチョコに驚く自分・・・

「は、はい・・・む、昔から・・・あ、あの・・・き、気になってて・・・
そ、その・・・わっ、私・・・一生懸命作ったの・・・だ、だから・・・そ、その・・・へ、返事は・・・また今度で良いから・・・た、食べてください・・・」

そう言うと、顔を真っ赤にして走って行ってしまった・・・

「えっ・・・ま、マジ・・・???・・・・こ、これって・・・バ、バレンタインチョコだよな・・・って、事は・・・えっ?こ、こ、告白された???う、嘘だろ~!!!!・・・あ、あの子に・・・じ、自分・・・告白された~!」

大声で叫んで、身体で大喜びの表現をしたいが、周りの一目を気にして心の中ではしゃいで帰宅した・・・

「あ、お兄ちゃん!お帰り~!」
「お!妹よ・・・今日はまた一段と美人だよな・・・」
「は、はぁ~?な、な、な、何・・・言ってんの?ははん~・・・そっかぁ~もしかして・・・私からのチョコ・・・期待しているんでしょ~?」
「ん?ははは~!何を言ってんのだね?兄が妹からチョコを期待するなんて・・・そんな事・・・有る訳無いじゃないか~!はっはっは~」
「な、な、なに言ってんの?気持ちわるっ!!ま、まさか・・・じ、じゃあ・・・も、もしかして・・・その態度は・・・喜び???」

驚いた表情で兄を見る妹

「ふっふっふっ~これが見えんか~!」

と、鞄から先程貰ったチョコを取り出し妹に見せびらかす・・・

「うっ・・・ま、ま、眩しい・・・そ、そんなぁ~・・・眩しすぎる~!!!!」
「ふっふっふっ~って言う事だ・・・さて・・・誰かさんと違って、手作りと言っていたから、美味しいだろうな~♪」

ルンルン気分で妹の横を素通りし廊下を歩いて行く・・・

「そ、そんな・・・そんな事・・・あ、有る訳無い・・・お、お兄ちゃんに限って・・・わ、私を捨てるなんて・・・そ、そんな事・・・そ、それに・・・毎年・・・私も手作りなんだよ・・・グズン・・・」

廊下に倒れこみ、目に涙をためのの字を書く妹・・・

「フフフ・・・あんな、お兄ちゃんなんて・・・いらない・・・彼女がいるお兄ちゃんなんて・・・いつものお兄ちゃんにするべく・・・絶対に引き離さないと!!フフフ・・・こうなったら彼女に嫌われる様に・・・」

握りこぶしを強く握って分かれさせるプランを想像する・・・

「そうだわ・・・まずは電話で・・・うっ!!!って・・・彼女って・・・・・誰???電話番号・・・分かんないと駄目じゃん!!!!」

第一プラン失敗!!

「ん~・・・フフフ・・・そうだ!!!あの試薬を使えば・・・これで私だけの・・・フフフ・・・フフフ・・・」

第二プラン実行!!

コン、コン!!

「ねぇ~、お兄ちゃ~ん!晩御飯出来たから一緒に食べようよ~!」

いつもより優しく声をかけてくる妹・・・
妹と二人で暮らしている為、食事の当番は一週間ごとに交代しているが・・・
仕事が忙しく、殆ど妹が交代せずに作ってくれている・・・

「ん?も、もうこんな時間か~・・・じゃあ・・・行くよ!」

ドタドタドタ・・・・

「お!!美味しそうじゃないか~」

夕食を見て言うと・・・

「美味しそうじゃない!!美味しいの!!さっ!食べよ!!」
「ああ・・・」
「いっただきま~す!」
「いっただきま~す!」

二人して食事を・・・

「お!!美味しい!!ん?どうした?」

妹がニコニコと食べている様子を見ている・・・

「え?なんでもないよ~!」
「そ、そうか・・・なら・・・」

妹の異変を全く気にせずに食べた・・・

そして、時間が過ぎ・・・就寝・・・

「ぐう!!うっ!!ううううう・・・・はぁ~はぁ~はぁ~・・・・うぐっ!!」

突然夜中に、身体が熱くなり、呼吸も苦しくなり・・・汗だくになって・・・もがき苦しむ・・・

「う・・・うううう・・・も、もう朝・・・」

気が付くと朝だった・・・

続く
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 小説
ジャンル : アダルト

バレンタインデーの特性チョコはいかが?(2)

「ふ、ふぁ~・・・な、何だったんだ?昨日と言うか、夜中の苦しみは・・・」

ブルブル・・・

「うっ!!!トイレ、トイレ・・・」

ドタドタドタ・・・・

慌ててトイレに駆け込むが・・・

ガチャガチャ・・・

「えっ!そ、そんな~!!!」

ゴンゴン!!!

「あ、あの~ま、まだですか・・・も、漏れそうなんですけど・・・」

股を押させトイレの戸の前で脚上げをする・・・

ドンドン!!!

「ま、まだ~・・・・」
「もぉ~!!しょうがないな~!ちょっと待ってよ~!!」

ガラガラガラ・・・ガラガラガラ・・・
カチッ
ゴジョョョ~~~
ガチャッ!

「フフッ!おはよ、お姉ちゃん!」

すれ違いに、怪しげな笑みをこぼし・・・挨拶をする妹・・・
しかし、緊急事態の為、何を言ったのか聞こえていなかった・・・

「あ、ああ・・・おはよ・・・うっ!うっ!も、漏れる~~~~~!!!!!」

慌ててトイレへ・・・
すると、中から・・・

「えっ?な・・・あ、あれ?あれ?????うっ!!!うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

ビチャビチャビチャビチャ・・・・

床に水をこぼした音が聞こえた・・・

コンコン!

「どうしたの?そんなに大きな声だしちゃって・・・・?大丈夫?何か、こぼれた音がしたけど?」
「えっ?あっ!!!だ、大丈夫!!大丈夫だよ・・・」

裏返った声が返ってきた・・・

「ほんと~?あっ!!もしかして・・・間に合わなかった?」

くすくすと笑いながら聞く妹

「えっ!!!な、な、何が間に合わなかったって・・・?」

慌てている様子が返事で分かるぐらい動揺している兄・・・

「フフフ・・・隠しても駄目だよ・・・聞こえたよ・・・お漏らししちゃったんだよね?」
「ち、違う・・・違うの・・・こ、これには・・・訳が・・・」
「認めるんだ~・・・ふ~ん~やっぱり・・・漏らしたんだ~アハハ!」
「ち、違うの・・・漏らしてなんか無いわよ~!!」
「え?無いわよ~?フフッ・・・ねぇ~さっき・・・なんか・・・語尾がおかしくなかった~?」
「な、なんでもないわよ・・・そ、それより・・・ちょ、ちょっと・・・トイレの水が漏れたみたいで・・・床が水浸しに・・・なっちゃったんだけど・・・拭くもの持ってきてよ!!」
「ふ~ん~・・・水漏れ・・・ねぇ~・・・まっ、いいわ・・・雑巾持ってきてあげる・・・・」
「う、うん・・・お願い・・・」

(フフフ・・・こんなにも早く効果が現れるなんて・・・でも・・・何でなの?話し言葉まで変わるなんて・・・今まで試してきた彼達は、何回も食べさせてからじゃないと変わらなかったのに・・・しかも、話し方まで変わるなんて・・・調合ミスったかしら・・・)

カチャッ!!

「え!!お、お兄ちゃん?ど、どうしたの?その胸!!え?髪の毛まで伸びて・・・」

驚いた振りをする妹・・・

「え、あ、そ、その~・・・あ、朝・・・起きたら・・・何でか分からないけど・・・起きたら・・・こんな姿に・・・ね・・・どうしよう・・・あ・・・あたし・・・」

泣きそうな顔して、妹に助けを求める兄・・・

「ん~・・・どうしようって言われてもな~・・・病院行く?色々な実験されると思うけど・・・」

嬉しそうに無邪気な顔をして言う妹・・・

「び、病院?い、嫌!!嫌よ!!そんなことしたら・・・私・・・実験材料に・・・」
「ふふふ・・・じゃあ~・・・どうするの~・・・まっ!今日から3連休だし・・・フフフ・・・」

不気味な笑顔で迫ってくる妹・・・

「え、え、え~!!!!」

ピロリロリ・・・ピロリロリ・・・

そこに、電話が・・・

「ねえ・・・お兄ちゃん・・・いや・・・お姉ちゃん?電話が鳴ってるよ!」

口の前に手をやりニヤリと笑って言う・・・

「う・・・う・・・・わ・・・分かったわよ!!」

目に涙を溜めて、電話を取りに行く兄・・・

(あ~あ・・・床・・・びちゃびちゃになっちゃって・・・ふふふ・・・まっ、いいか~彼女と分かれさせる為にはね!!ふふふ・・・)

「あ、はい・・・え!!!あ・・・そ・・・その・・・え~っと~・・・その~・・・」

慌てている兄の姿・・・

「え?今日?用事?いや・・・無い・・・けど・・・え?会いたくない?そ、そんな事・・・え?今家の前!!そ、それじゃあ~・・ちょっと待ってて・・・」

ドタバタと慌てて家の中を走り回る兄・・・

「も~煩いわね~!!なんなの~?」

腰に手を当て、頬を膨らませ、仁王立ちして怒る妹・・・

「あ、その~・・・あの~・・・か、か、彼女・・・彼女が・・・」

手をふわふわとさせてアタフタしている兄・・・

「彼女~?・・・彼女がどうしたの?」
「い、今・・・いる・・・いるの・・・家の前に・・・来てる・・・」
「ふ~ん~そう・・・ここまで・・・来たんだ~じゃあ、会えば?」
「そ、そんなの・・・こ、こんな姿じゃ~・・・あ、会えないよ~!!」
「フフフ・・・大丈夫だって~きちんと説明すれば・・・分かってもらえるわよ~ふふふ・・・」
「そ、そうかな~・・・」
「ええ・・・そうよ・・・さっ!着替え着替え!!ふふふ・・・私の洋服貸してあげるからね!!・・・・ふふふ」

背中を押されて妹の部屋に連れ込まれた兄・・・

続く

テーマ : 小説
ジャンル : アダルト

バレンタインデーの特性チョコはいかが?(3)

「こ、こんな・・・こんな姿じゃ~・・・こ、これじゃあ~お、女・・・女の子だよ~・・・だ、駄目だって~・・・」
「ふふふ・・・い~の!い~の!さっさ!!行った!行った!!」

恥ずかしがりながら、妹の服を着せられた兄は、玄関まで行きドアを開けた・・・
すると、門の前には、彼女が待っていた・・・

(フフフ・・・思った通り・・・変わったみたい・・・あれ?でも・・・何故かしら・・・効果が効き過ぎたのかしら・・・ここまで女人化しているなんて・・・あ、服そうかしらね・・・妹さん・・・なかなかやるわね・・・油断は出来ないわ・・・)

玄関の戸が開くなり、女人化した姿を確認すると、口元が少しにやけて・・・

「ね、ねえ・・・ど、どうしたの?その格好・・・まるで・・・女の子じゃない・・・それに・・・髪の毛・・・そんなに長かったかしら?」

女人化したことに驚いたふりをする彼女・・・
しかし・・・兄を見つめる目は怪しく光っていた・・・

「そ・・・・それは・・・その~・・・・」
「どうしたの?」
「それは~・・・」

その様子を見ていた妹が、

「あ、初めまして・・・お兄さんの知り合いの方ですか?」

引きつった笑顔で挨拶をすると・・・

「知り合い?え、ええ~そうですよ・・・知り合いではなく・・・彼女です!!」

こちらも、引きつった笑顔で挨拶を仕返す・・・
二人の間に、バチバチと火花が飛び散り・・・

「あ、あの~・・・わ・・・私は~・・・ははは・・・」

二人のにらみ合いに耐え切れず、彼が口を出すと・・・

「ふふふ・・・そうね・・・ここじゃ~なんですから・・・お部屋で・・・」

チラッと横目で妹をみて微笑み言うと・・・

「な!!そ、そんな事・・・ほ、他で・・・家に上がろうなんて・・・」

慌てる妹・・・

「それもそうね~・・・なら~他の場所で・・・二人っきりで・・・あ!そうだわ!もしよろしければ・・・私のお部屋に来ません?煩そうな妹さんは置いといて・・・・」

ビッシッ!!バチバチ!!

「あ・・・あ・・・あの~・・・・その~・・・に、にらみ合いは・・・そ、その辺にして~・・・・」

アタフタとする彼・・・

「え?」
「あ?」

鬼のような顔をして、二人彼(兄)を睨む・・・

「あの・・・じ、じゃあ・・・う、家に・・・ど・・・どうぞ・・・お部屋に・・・」

冷や汗をかきながら言うと、

「あら~そう・・・フフフ・・・じゃあ、お言葉に甘えさせてもらうわ・・・」

急に笑顔になり家に入る彼女・・・

「ねえねえ・・・お兄ちゃん!気をつけなよ~・・・あ~言うの・・・危ない人よ!!」

兄の近くによって、こそこそっと話しかける妹

「フフフ・・・何かしら?あ~言うの・・・・って・・・?」

笑顔で・・・しかし、赤く熱いオーラが背中に出して聞く彼女・・・

「あ、あはははは・・・あはははは・・・さっさ・・・どうぞ中へ・・・」

妹と、にらみ合っている彼女の背中を押して部屋の中に連れて行った・・・

続く

テーマ : 小説
ジャンル : アダルト

バレンタインデーの特性チョコはいかが?(4)

家の中に入り・・・茶の間で、正座して小さくなっている彼・・・

「駄目よ~正座は・・・綺麗な脚なんだから・・・曲がったらどうするの~」
「そうよ~そんなに綺麗な脚なんだから~」

先程まで火花を散らしていた二人の意見が一致した・・・

「あ!」
「え?」

驚いた表情で、二人が見つめあう・・・

「くすくす・・・」
「ふふふ・・・・」

二人そろって笑い出した・・・

「じゃあ・・・こうなったら・・・可愛くなる為に・・・」

そう言って、妹が膨らんだ紙袋を沢山持ってきて・・・

「フフフ・・・・実は・・・私も・・・持ってきたのよ・・・」

そう言うと、彼女も袋からヒラヒラの付いた可愛い洋服を取りだした・・・

二人して、洋服を手に持って近寄ってくる・・・

「ふふふ・・・さあ・・・次はこれよ・・・」
「いいえ・・・こっち・・・」

次々に強引に着替えさせられ・・・・
抵抗するが・・・

「そ、そんな服・・・嫌だよ~!!」
「あら~そうかしら~・・・」
「そ、そんな~」

無理やりに着替えさせ様とする彼女達

「嫌がらないで・・・可愛いじゃないの・・・お兄ちゃん・・・いいえ・・・お姉ちゃん・・・言う事聞いて着替えないと~・・・それに、今の体は、女の子なんだから・・・ね!フフフ・・・」

怪しい笑みをして言う妹・・・

「ふふふ・・・そうよね・・・ほら・・・着替えてよ~」

また新しいフリフリの服を持って着替えさせ様と・・・

「ねえ・・・こっちの服はどうかしら?」
「あら、それも良いわね・・・」
「これも・・・ふふふ・・・」

次第に意見が合い盛り上がって・・・

「貴女・・・思っていたより私と話が合いそうね・・・」
「ふふふ・・・そうね・・・お兄ちゃんを奪う悪いやつと思ってたけど・・・そうじゃなかったのね・・・ねえ・・・これから・・・お姉ちゃん・・・て読んでい~い?」
「ふふふ・・・いいわよ・・・私も・・・貴女の事・・・妹だと思って話して良いかしら・・・」
「うん!いいよ!お姉ちゃん・・・!!」

そして・・・

「ふふふ・・・今度はこっち・・・」
「そんな顔しちゃ~駄目!!もっと笑って!!」
「ふふふ・・・そう、そう・・・もぉ~・・・どうしてそんな顔になるの?もっと嬉しそうに・・・貴女は私達の可愛いお人形なのよ!!」
「ねえねえ・・・お姉ちゃん・・・この薬使うといいよ!」
「え?この薬?どんな効果があるの?」
「ふふふ・・・これを顔に塗るとね!・・・表情を固定できるの・・・人形みたいに・・・本人の意思で無く・・・私達で変えられるの・・・」
「ふふふ・・・いいわね~それ~・・・」

二人とも怪しい笑みをこぼし、その薬を手にして・・・

「ち、ちょっと・・・あ・・・そ、そんなの・・・塗ったら・・・あ!!」
「ふふふ・・・」
「あはははは・・・」

そして・・・生きたまま、本当の着せ替え人形扱いされる様になってしまった・・・

一年後・・・

今まで住んでいた家を売り払って新たな住居を手に入れた彼女達、
2人と一体で暮らしている・・・

「ねえ・・・こう言う、お人形さん遊びが、こんなにも楽しいなんて、思わなかったわ~アハハ・・・」

妹が嬉しそうに笑う・・・

「そうね・・・もっと、もっと、可愛い人形を増やしたいわね・・・」
「ふふっ!可愛いお人形・・・良かったね・・・お姉ちゃん・・・妹が出来るんだって!!あっ!!もうお姉ちゃんじゃ~無かったんだ~フフフ・・・」

兄として・・・いや・・・姉として・・・ではなく・・・もう、人間として扱われなくなってしまうとは・・・
椅子に腰掛けて、言われるがままの姿勢で動く事が出来ず・・・ただ、目に涙を流す事しか出来なかった・・・

数日後・・・

今では、差し出される衣服を抵抗せずに着替えさせられて、言われるままになっている自分がいた・・・
顔の表情を固定する薬は使われなくなったが、彼女達が好む表情が言われなくても出来るようになって・・・
ふと思うと、そんな事をされて嬉しく思う自分がいた・・・

「フフフ・・・・・また来年・・・新しい人形・・・作りましょうね・・・」
「フフフ・・・そうねお姉ちゃん!・・・何人に渡そうかしら~・・・特性チョコ・・・」

椅子に腰掛けた2体の着せ替え人形は、その話を聞いて嬉しそうにしていた・・・

「フフフ・・・来年・・・私達の妹が出来るのね・・・」
「早く、来年のバレンタインデーにならないかしら・・・」

冷たくなった表情の裏では、彼女達の会話を聞いて2体の人形が喜んでいた・・・

END

テーマ : 小説
ジャンル : アダルト

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。