FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繁盛する神社の秘密 1

「くっ・・・おのれ~覚えておれ~・・・
この恨み、いずれ復活し・・・お前の子孫を呪ってやるわ・・・
ぐっ・・・ぐわわわ~・・・」

青光りする稲妻と共に、妖狐は、普通の狐の石像へと変わって封印されてしまった・・・

そして、幾年の月日が経ち・・・

参拝客が来ない古びた神社

「はぁ~・・・どうしてこうも人気が出ないのだろうか・・・本物よりも偽物の・・・しかもただの喫茶が・・・はぁ~・・・やっぱりあの祠の展示を一般開放した方がいいかもな・・・・さてと・・・少し祠を壊すけど・・・変な物は出てこないと思うし・・・」

人気の無い神社で、参拝客を集める為に昔からあった祠を改造し、一般開放しようと決めたのが一月前・・・祠の扉も壊され簡単に入れるようになって・・・

少し離れた場所には、最近出来たという、巫女喫茶が流行っており、
何とかして、参拝客を集められないか考えていた・・・
アルバイトを募集しようにも、予算が無く・・・
と言って、子供は男のみ・・・
何か良い案がないのかと、夜中まで考えていると、

ピカッ!!
ドジャ~ン!!

庭で雷が落ちた様な音と光が・・・
慌てて、外に行くと巫女の衣装を着た妖狐が・・・

「封印を解いたのは、お前だな?」
「え?封印?何の事だか?さっぱり・・・ただ、参拝客を集める為に先日見つかった何かを封印していると言われる祠を一般開放しましたが・・・まさか・・・この時代に封印だなんて・・・」

数日前、客寄せの為、昔から立ち入り禁止だった狐の石像のあった祠を、一般の方が見学できる様に開放をし、入り口の扉を重機で壊し、誰でもが見られるように・・・

「私を封印から解いたお礼に何かをしてやろう・・・何でも言え・・・」
「ん~・・・何でも言えと言われても・・・・あ!!そうだ!!なら、この神社・・・人気が無いので参拝客が大勢来るような人気の神社に変えるって言うのは~・・・」
「ふっ!そんな事で良いのか・・・・なら、いい案がある・・・息子達にこれを着させろ」

と、赤と白の巫女の衣装を手渡した・・・

「え?こ、これは・・・巫女の衣装で・・・子供は息子ですよ!!」
「大丈夫だ・・・これを着れば・・・ほれ・・・お前の姿を確認してみろ・・・」

そう言われ、確認すると、自分も巫女の衣装を着ていて・・・

「えっ?こ、これは・・・な・・・なんで?」
「フフフ・・・私の力が分かっただろ・・・この力でお前達を人気の巫女に変えてやる・・・さあ・・・早くお前の息子達にも着させて来い・・・・」
「は、はい・・・」

そう言われ、慌てて、無理矢理息子達にも着させると、見る見るうちに身体が丸みをおびて髪の毛が長くなって、胸が大きくなり声も変わって・・・

「うわ!!な、なんだこれ!!」
「う、嘘だろ!!なんで・・・身体が女に???」
「え???何で???身体が小さくなって・・・でも胸が張り裂けそうな感じ・・・」

そして、新年が明けて数日が過ぎ・・・
参拝客も多く来るようになって、今年は成功に終わった・・・

続く
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

繁盛する神社の秘密 2

数日後

「妖狐様・・・実は~お願いがあるのですが・・・」
「なんじゃ?」
「もうそろそろ・・・元に戻して欲しいのですが・・・」
「なんでじゃ?」
「このままでいると、本当に元に戻るというか、今まで自分が女だったかのように思えてしまう時が度々ある様になって・・・それが最近、特に酷くて・・・息子達もそう言って、怖くて・・・」

怖くなって、元に戻してもらおうと、宮司が妖狐に頼む。

「何を言っておるか!
この姿だからこそ、大勢の参拝客が来たんだぞ!
それに、願掛けも変身を解けば、効果が無くなり、祈祷を依頼に来た客は、もう二度とこの神社には来なくなるだろう・・・
本当にそれでも良いのか?」

少し悩んで

「はい・・・私は男です・・・
子も、娘ではなく息子です・・・
なので・・・」
「ふっ・・・そうか・・・」
「ここまでしてもらって、すみません・・・」
「では、まずはお前から戻してやろう・・・
ここに目を閉じて座れ・・・」
「はい・・・」」

呪文を言い最後に、

「フフフ・・・ついにこの時が来た・・・!!!
何百年の恨み・・・ここで晴らさせてもらう・・・
これからは、ウヌの手足となって働くがよい・・・」

続く

繁盛する神社の秘密 3

気がつくと、神社の境内の前で竹箒を手に持って呆然としていた・・・

「あれ?私・・・何していたんだろう???」

辺りをキョロキョロと見渡して、何かを探している・・・
すると、何処からともなく

「活きの良い・・・魂を集めろ・・・」
「えっ?活きの良い?魂?魂って?・・・」
「活きの良い・・・魂を集めろ・・・」
「活きの良い・・・魂を集めろ・・・」
「活きの良い・・・魂を集めろ・・・」

と、頭の中で反響して聞こえたかと思うと、急に頭がボ~ッとし始め、目がうつろになり、その声に従わなければいけないと思い始めて・・・

「はい・・・ここには沢山の参拝客が来ますので・・・直ぐにでも・・・フフフ・・・私達の身体を使ってでも集めますわ・・・その為・・・私の子供も早く完全な闇巫女になれるように妖狐様のお力をお借りしたいのですが・・・」
「フフフ・・・そんな事なら・・・直ぐに、お前の息子を境内に集めよ・・・」
「はい・・・かしこまりました・・・」

数分後、巫女衣装の子供達が集まり、

「オイオイ・・・まだこんな格好しないといけないのか~・・・早く元に戻って彼女とデートを・・・」
「父さん~・・・もうこんな事やめようよ~・・・こんな事しても~・・・」
「親父~・・・早く戻せよ!!」

3人とも、巫女の衣装は嫌そうだった・・・

「フフフ・・・そうね・・・なら、そこで座って目を閉じていなさい・・・今から戻してあげるわ・・・」

冷たい表情の巫女の姿となった父親が息子に指示する・・・

「おう!!早くしてくれ!!」
「う、うん・・・」
(何か様子がおかしいような)
「あ、ああ・・・」
(あれ、本当に親父か?)

息子達が言われた通りに目を閉じ座ると、ふわ~っと妖狐が表れ・・・

続く

繁盛する神社の秘密 4

ふっ、と息子達に息を吹きかけた・・・
すると、次第に、赤と白の巫女の衣装が黒と白に変わって、顔つきも冷たい感じの美人系になり・・・

「フフフ・・・なんてステキな身体なんでしょう・・・」
「ウフッ!!この力・・・たまりませんわ~!!」
「早く人間の魂を集めましょう・・・」

そして、この神社は人が消えるという不思議な心霊スポットへと変わって行った・・・

「フフフ・・・お一つ以下かですか?ここのおみくじは効果的面ですよ!」
「そこのお兄さん・・・いかがですか?」
「え?おれ?」
「ええ・・・彼方ですよ・・・フフフ・・・さあ・・・こちらに来て・・・」

巫女が、参拝に来た客を境内の奥へ誘い込み、ふらふらと中に入っていく参拝客・・・

「まった~?あれ?もぉ~どこ行ったのよ~!!」

境内に連れ込まれた彼の彼女が置いていかれた事に腹をたてて怒っている!!
境内に連れ込まれた彼は・・・

「ぐぎぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!」

人の悲鳴ではない声が境内の奥から聞こえて来るが、
結界が張られているのか、外には全く漏れる事はなかった・・・

「フフフ・・・今日も沢山の魂を集めれたわね・・・妖狐様もさぞう、お喜びでしょう・・・私達も、抜け殻となった食料を頂こうかしら・・・」

ふわふわと白い物が入った鏡のような物を眺め嬉しそうに離す闇巫女達・・・

「ほんと・・・どこに行ったのかしら~・・・」

少し不安げな顔をして彼を探す彼女・・・

「どうかしましたか?」

巫女が不安そうにしている彼女に話しかけると・・・

「えっ!ええ・・・ちょっと、一緒にきていた彼が、急にいなくなって・・・」
「ああ~・・・お連れ様ならこちらでお待ちですよ・・・」
「えっ?境内に行ったの?」
「はい・・・さあ・・・こちらです・・・」

そう言い、巫女は彼を連れ込んだ境内と違う方向の部屋へ彼女を連れて行った・・・

そして、数年の月日が流れ、
大きなお腹をした巫女達がお腹をさすり微笑んでいる・・・

「フフフ・・・妖狐様と私の赤ちゃん・・・もう少しで産まれてくるわね・・・早く、この世界を、妖狐様の物に出来るぐらいの子供を沢山産みたいわ・・・・」

境内の奥に異次元へと続く部屋が出来、参拝に来た女性客は彼女達の力によって闇巫女へと変えられて、多くの子孫を産んで、新たな戦いに向けて準備をしていた・・・

誰も気が付かない人気の無い神社の境内で・・・

終わり

プロフィール

0たか0

Author:0たか0
注意R-18です。
鏡(IF)の世界のお話へようこそ!
管理人の0たか0です。
ここでは、お気に入りの同人作品やサイトの紹介、
またまた、それに感化させられて自分自身で書いた小説を載せています。

(注意)このブログは成人向けの内容が入っていますので、
18歳未満の方や、内容に不快感をお持ちの方は、
もうし訳ありませんが、ご遠慮させていただいています。

リンクフリーです!

感想や何か話があると言う方は、掲示板の方に記載してください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。